温熱蕁麻疹と日光蕁麻疹の違い

温熱じんましんと日光蕁麻疹の違い

温熱じんましんと日光蕁麻疹の違い

温熱蕁麻疹と日光じんましんですが、
どちらも一応、熱や暑さに関係して起こっている病気。
間違える人も一定数存在します。

 

 

 

知恵袋なんかを見てみても、日光蕁麻疹と温熱蕁麻疹、
コリン性蕁麻疹の違いについての質問が非常に多かったですね。
それだけ悩んでいる人がいるということです。

 

 

 

 

 

 

 

そこで今回は、温熱蕁麻疹と日光蕁麻疹の2つに着目して
違いと見極め方を解説したいと思います。

 

 

 

ただそのまえに、日光じんましんがどういったものなのかから
解説しましょう。

 

 

日光蕁麻疹とは?

 

 

日光蕁麻疹とは、その名のとおり日光が原因で
引き起こされる蕁麻疹で、国内でもそれなりの割合で
患者が存在します。

 

 

 

主に紫外線が原因で、別名『紫外線アレルギー』や、
『日光アレルギー』、『光線過敏症』などと呼ばれることもあります。

 

 

 

 

 

 

 

【別名】

  • 紫外線アレルギー
  • 日光アレルギー
  • 光線過敏症

 

 

 

ただ、光線過敏症に関してはそのジャンルの中に
日光蕁麻疹があるという認識です。

 

 

 

紫外線に過敏に反応し、紫外線を浴びたところにだけ蕁麻疹が出ます。
症状としては、小さな隆起状の発疹、もしくはミミズ腫れのような症状です。
日光に直接当たると、15分以内に発症し、おさまるまで時間がかかるのも特徴。

 

 

 

また、紫外線による症状を促進させるソラレンという成分が含まれる食べ物を
食べたあとなどは、外出すると症状が悪化します。

 

 

 

ソラレンを含む食べ物は、おもにみかんやオレンジ、グレープなどの
柑橘系に多いです。

 

 

 

 

 

 

 

あえてソラレンを与えて、紫外線を少しずつ浴びさせて慣れさせる
PUVA療法というものがありますが、それはかなり特別なケースでのみ
採用されます。

 

 

 

国内でもかなり珍しいケースですね。

 

 

 

ただ、かなり荒治療にはなりますが、実際にPUVA療法を使って、
日光蕁麻疹が改善したケースがあるので、
医師と相談するといいかもしれません。

 

 

 

対策としては、遮光カーテンや日焼け止めクリーム、UVカット衣服や
日傘がオススメですね。

 

 

 

 

 

 

 

特に日焼け止めクリームの場合は、PA++++、SPF30以上のものが
望ましいですね。日光じんましんであれば、50くらいがオススメです。

 

 

 

温熱じんましんと日光じんましんの見分け方

 

 

日光蕁麻疹と温熱蕁麻疹の見分け方ですが、
主に以下のポイントで見分けられるのが一番早いです。

 

 

 

  • ミミズ腫れのような症状が出るかどうか。
  • 日光に露出して当たったところにだけ症状が出るかどうか。

 

 

 

もうこの2点だけ抑えておけば充分見分けることができます。
温熱蕁麻疹はあくまで、皮膚に熱があたったことで反応する
じんましんですから、日光そのものではありません。

 

 

 

 

 

 

 

なので、温熱蕁麻疹の場合は日光蕁麻疹のように
局所的なものではなく、全身的な発症のケースを含めている
という点で大きく違うのです。

 

 

 

温熱蕁麻疹の場合は、日光に当たったところだけというわけではなく、
熱にさらされた皮膚全体というわけですから、当然全身が熱にさらされれば、
全身発症の可能性もあります。

 

 

 

日光蕁麻疹特有の、ミミズ腫れのような症状というのも
重要な見分けポイントになりますが、それなら日光に当たったところにだけ
発症しているかどうかだけを見たほうが確実に見分けられます。

 

 

 

以上を参考に、日光じんましんと温熱蕁麻疹を見分けるように
意識してみてください。

 

 

 

ありがとうございました!

 

 

 

温熱蕁麻疹を改善したいなら?!

僕自身、色々な方法を試しましたが、やはり熱に徐々に体を慣らしていく 減感作療法が一番効果を発揮しました。



その方法を実践する場所はお風呂場になるのですが、 あまりに熱いお湯にいきなり浸かると、蕁麻疹の痛かゆい症状で ストレスになりますし、なによりショック症状が出る恐れがあります。



もしお風呂場でショック症状が起こりでもしたら、 浴槽でおぼれるかもしれませんし、そのまま倒れて 頭を強く打って致命傷になるかもしれません。



そんなことを避けるためにも、はじめは蕁麻疹が出るか出ないかくらいの きわどい温度で慣らしていく必要があります。



でも、それでも温熱蕁麻疹患者にとってはつらい治療になることは必須!



なんせ蕁麻疹になるような状況をあえて作ってそこに飛び込むわけですから、 もうあの蕁麻疹のかゆさやチクチク感に堪えるあのさまはまさに苦行!



温熱蕁麻疹になるような人はただでさえ肌が敏感に反応してしまいますから、 お風呂の温度を下げて入るとしても、肌を守る対策を採らなくてはいけません。



そこでおススメなのが、『みんなの肌潤風呂』です!







この入浴剤は、お風呂に入れるだけで肌を刺激する塩素を除去し、 保湿効果をもたらしてお風呂の温熱刺激から守ってくれます。



しかも、お風呂から上がった後の乾燥しがちな肌もバリアし、 敏感になりがちな風呂上りの肌を温熱刺激から守ってくれるのです。



アトピー肌や赤ちゃんでも使えるので、肌が弱くて温熱蕁麻疹が怖くて お風呂に入れないという方におススメの商品です。



実際に僕も購入して試してみたので、 詳しく見てみたい方は、以下の実践レビューをどうそ!








ホーム RSS購読 サイトマップ