就寝時の温熱蕁麻疹のかゆみを防ぐ方法

就寝時の温熱蕁麻疹のかゆみを防ぐ4つの方法

就寝時の温熱蕁麻疹のかゆみを防ぐ4つの方法

温熱蕁麻疹はストーブや暖房器具などに接触するときや、
入浴時に発症するだけでなく、実は就寝するときに
布団の中でこもる熱にも反応してしまうことがあります。

 

 

 

僕自身も一時期は本当に辛くて、寝れない時期が続きました。
布団に入るとしばらくしてピリピリと疼痛が始まり、かゆくなります。
これがひどくなると睡眠の障害になってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

睡眠は人間の体を健康に保つ上で重要な役割を担っていますから、
ここが崩れると一気に体調を崩して、温熱蕁麻疹などの皮膚疾患だけでなく、
様々な病気に侵されてしまう恐れがあります。

 

 

 

そこで、僕が実際に試してきた中で、温熱蕁麻疹の症状を抑えて
気持ちよく寝るために有効な方法が4つ見つかりましたので
紹介したいと思います。

 

 

 

  1. 就寝時の服装を薄手にする。
  2. 掛け布団などを薄めにする。
  3. 部屋を換気しておく。
  4. 寝る前に全身を保湿する。

 

 

 

以上の4つの方法が有効だったので、解説していきましょう。
完璧にとは言えませんが、だいぶ症状は改善できますよ!

 

 

 

就寝時の服装を薄手にする。

 

 

 

まず、体中に熱がこもらないようにするには、寝るときの
服装を少し薄手にするのがポイントです。

 

 

 

僕の場合は、下着のパンツと肌着だけで寝ることもありましたが、
そこにパジャマを着て寝るときよりかは症状はかなりマシでした。

 

 

 

 

 

 

 

逆に、下着はパンツだけであとは直接パジャマを着るとかでも
いいかもしれません。

 

 

 

言ってしまえば、寝る前の服装は
そこまで厚着にしないということです。

 

 

 

掛け布団などを薄めにする。

 

 

 

掛け布団だけでなく敷布団もそうですが、毛布などの
防寒機能があって温めるような機能のある布団はNG!

 

 

 

できれば簡単な敷布団一枚と、掛け布団1枚がベストです。
掛け布団は多少分厚くても問題ありません。

 

 

 

 

 

 

 

冬場などは、さらにもう1枚だけ、少し薄めの生地の
掛け布団を使うといいでしょう。

 

 

 

毛布などの道具は温熱蕁麻疹持ちの場合は
控えたほうがいいです。

 

 

 

部屋を換気しておく。

 

 

 

暑い季節などはそうですが、部屋は換気しておきましょう。
これだけで部屋の中の熱を逃がし、温熱蕁麻疹の症状を
就寝時に引き起こすリスクを減らすことができます。

 

 

 

暑い季節に窓を締め切って寝るのは、
言えばサウナ状態の部屋で寝るのと同じですからね。

 

 

 

 

 

 

 

クーラーなどを使うという話もありますが、逆にあれは
必要以上に冷やしすぎて、冷え症の原因になったり、
免疫力の低下を招いたりするのでオススメしません。

 

 

 

使うのであれば扇風機などがベストですね。
風の強さも弱〜中くらいで済ませておきましょう。

 

 

 

寝る前に全身を保湿する。

 

 

 

寝る前に全身を保湿しておくと、布団に入って寝ても、
いつもよりは温熱蕁麻疹の症状が大幅に改善しているのが
実感できました。

 

 

 

今までは全身にぶわっと蕁麻疹が出ていたのですが、
保湿することでその症状が和らぎ、痛みやかゆみもそこまでひどくなく、
気持ちよく寝れる程度には改善できたのです。

 

 

 

 

 

 

 

局所的な温熱蕁麻疹の場合、そこに保湿クリームを塗っていれば
事足りるのですが、全身性や広範囲の温熱じんましんの場合は、
保湿クリームだけでは量的に足りなくなる恐れがあります。

 

 

 

保湿クリームって塗る場所が増えると塗るのが面倒くさくなって
やらなくなるし、消耗するのも早くなってすぐ購入し直さないと
いけなくなります。

 

 

 

そこで、全身一気に保湿してくれるベストなアイテムがあります。
それが、『みんなの肌潤風呂』です!

 

 

 

計量カップ一杯入れるだけで保湿効果抜群の入浴が可能になり、
重度のアトピーや入浴時のかゆみ、乾燥にも効果のある入浴剤です!

 

 

 

しかも保湿クリームでは手の届きにくい背中なども一気に
保湿できるので、手間いらずで本当に便利!

 

 

 

これを実際に僕も使ってみましたが、今までだったら布団の中に
しばらく入っていたら出ていた蕁麻疹も、出そうな一歩手前くらいで
治まるようになり、結果として蕁麻疹の出る量が大幅に減りました!

 

 

 

効果には個人差があるので、僕の一個人としての感想と
受け取って頂ければ幸いですが、

 

 

 

どうしても寝るときのかゆみがひどくて寝れないという方は、
気持ちよく睡眠をとるためにも使ってみる価値はあるかもしれません。

 

 

 

温熱蕁麻疹改善?!みんなの肌潤風呂の実践レビュー!

 

 

 

温熱蕁麻疹を改善したいなら?!

僕自身、色々な方法を試しましたが、やはり熱に徐々に体を慣らしていく 減感作療法が一番効果を発揮しました。



その方法を実践する場所はお風呂場になるのですが、 あまりに熱いお湯にいきなり浸かると、蕁麻疹の痛かゆい症状で ストレスになりますし、なによりショック症状が出る恐れがあります。



もしお風呂場でショック症状が起こりでもしたら、 浴槽でおぼれるかもしれませんし、そのまま倒れて 頭を強く打って致命傷になるかもしれません。



そんなことを避けるためにも、はじめは蕁麻疹が出るか出ないかくらいの きわどい温度で慣らしていく必要があります。



でも、それでも温熱蕁麻疹患者にとってはつらい治療になることは必須!



なんせ蕁麻疹になるような状況をあえて作ってそこに飛び込むわけですから、 もうあの蕁麻疹のかゆさやチクチク感に堪えるあのさまはまさに苦行!



温熱蕁麻疹になるような人はただでさえ肌が敏感に反応してしまいますから、 お風呂の温度を下げて入るとしても、肌を守る対策を採らなくてはいけません。



そこでおススメなのが、『みんなの肌潤風呂』です!







この入浴剤は、お風呂に入れるだけで肌を刺激する塩素を除去し、 保湿効果をもたらしてお風呂の温熱刺激から守ってくれます。



しかも、お風呂から上がった後の乾燥しがちな肌もバリアし、 敏感になりがちな風呂上りの肌を温熱刺激から守ってくれるのです。



アトピー肌や赤ちゃんでも使えるので、肌が弱くて温熱蕁麻疹が怖くて お風呂に入れないという方におススメの商品です。



実際に僕も購入して試してみたので、 詳しく見てみたい方は、以下の実践レビューをどうそ!








ホーム RSS購読 サイトマップ