温熱蕁麻疹とてんかん

温熱蕁麻疹が悪化すると『てんかん』を引き起こす?!

温熱蕁麻疹が悪化すると『てんかん』を引き起こす?!

てんかんと温熱蕁麻疹の関連性を示す前に、
まずはてんかんとアレルギー疾患の関連性について
知っておく必要があります。

 

 

 

アレルギー疾患とは主に喘息などを含んでいますが、
ほかにも温熱蕁麻疹などの蕁麻疹や枯草熱、アナフィラキシー、
アレルギー性鼻炎、アフタ性口内炎なども含まれています。

 

 

 

セロトニンやアセチルコリン、ヒスタミンなどの
かゆみの素になる化学伝達物質が蕁麻疹の発症や、
てんかん発作の発生への関与が考えられているため、
全く関係がないとは言い切れません。

 

 

 

ただ、蕁麻疹とてんかん発作の関連性を追求した
例が中々存在しないため、不明な点も多い。

 

 

 

 

 

 

 

一般的に蕁麻疹はアレルギー、物理的、局所感染、
コリン性、心因性、その他に分類されています。

 

 

 

その中でも温熱蕁麻疹は局所性と汎発性に分けられ、
神経末端から放出されるアセチルコリンやヒスタミンの
両物質が発症に関わっているとされています。

 

 

 

温熱蕁麻疹の症状の中には、腹痛や嘔吐、
吐き気などを伴ったり、ショックで意識を失ったりすることがあります。

 

 

 

これは、体温上昇に伴って体温調節中枢が刺激されると
末梢神経末端からはアセチルコリンが、肥満細胞からは
ヒスタミンが放出され、

 

 

 

体質的にそれらを分解する酵素が量的に欠乏し、
ヒスタミンやアセチルコリンの過剰をきたしてショック症状が
発生するとされています。

 

 

 

確かではありませんが、
もしかしたらこれが原因かもしれません。

 

 

 

もしくは、脳内のアセチルコリン過剰放出による
てんかん症状発生なども考えられています。

 

 

 

 

 

 

 

脳内のアセチルコリン過剰放出とてんかんの関連性は
昔から言われていますが、温熱蕁麻疹の発症、特にその
ショックの発生機序のように、

 

 

 

体質的なアセチルコリンやヒスタミンの分解酵素が
不足し、これが中枢神経内にも起こると脳内の
アセチルコリン過剰を引き起こす可能性は
十分ありえます。

 

 

 

温熱蕁麻疹に合併したてんかん発作は、このような脳内の
アセチルコリン過剰の結果起こった脳の異常放電による
てんかん発作の可能性が高いです。

 

 

 

以上から、温熱蕁麻疹とてんかんの関係性には、
アセチルコリンとそれらを分解する酵素が深く関わり、

 

 

 

アセチルコリンが分解されないことによる過剰によって
引き起こされる可能性があることがわかりました。

 

 

 

温熱蕁麻疹を改善したいなら?!

僕自身、色々な方法を試しましたが、やはり熱に徐々に体を慣らしていく 減感作療法が一番効果を発揮しました。



その方法を実践する場所はお風呂場になるのですが、 あまりに熱いお湯にいきなり浸かると、蕁麻疹の痛かゆい症状で ストレスになりますし、なによりショック症状が出る恐れがあります。



もしお風呂場でショック症状が起こりでもしたら、 浴槽でおぼれるかもしれませんし、そのまま倒れて 頭を強く打って致命傷になるかもしれません。



そんなことを避けるためにも、はじめは蕁麻疹が出るか出ないかくらいの きわどい温度で慣らしていく必要があります。



でも、それでも温熱蕁麻疹患者にとってはつらい治療になることは必須!



なんせ蕁麻疹になるような状況をあえて作ってそこに飛び込むわけですから、 もうあの蕁麻疹のかゆさやチクチク感に堪えるあのさまはまさに苦行!



温熱蕁麻疹になるような人はただでさえ肌が敏感に反応してしまいますから、 お風呂の温度を下げて入るとしても、肌を守る対策を採らなくてはいけません。



そこでおススメなのが、『みんなの肌潤風呂』です!







この入浴剤は、お風呂に入れるだけで肌を刺激する塩素を除去し、 保湿効果をもたらしてお風呂の温熱刺激から守ってくれます。



しかも、お風呂から上がった後の乾燥しがちな肌もバリアし、 敏感になりがちな風呂上りの肌を温熱刺激から守ってくれるのです。



アトピー肌や赤ちゃんでも使えるので、肌が弱くて温熱蕁麻疹が怖くて お風呂に入れないという方におススメの商品です。



実際に僕も購入して試してみたので、 詳しく見てみたい方は、以下の実践レビューをどうそ!








ホーム RSS購読 サイトマップ