アスピリン投与で温熱蕁麻疹が改善した事例

アスピリン投与で温熱蕁麻疹が改善した事例

アスピリン投与で温熱蕁麻疹が改善した事例

温熱蕁麻疹に対する薬物治療としては、
抗ヒスタミン剤が一般的ですが、それが効かないこともあります。
そこで投与されることがあるのが、アスピリンという薬です。

 

 

 

アスピリンとは、別名『アセチルサリチル酸』のことで、非ステロイド性抗炎症剤に分類されます。主として皮膚の血管を拡張して熱の拡散をはやめるので、鎮痛や解熱、抗炎症作用をもたらします。(引用元:コトバンクより)

 

 

 

とある温熱蕁麻疹の治療において、抗ヒスタミン剤が
使われたのですが、それが奏効しなかったため、
代替手段として使われました。

 

 

 

この時の温熱蕁麻疹は、局所性温熱蕁麻疹で、
特定の部分に温熱蕁麻疹が発症し、入浴などで
吐き気やめまいなどの症状を引き起こす病気です。

 

 

 

事例によると、アスピリンを500mgほど内服投与し、
症状が大きく改善したとのこと。

 

 

 

アスピリン内服で蕁麻疹の症状が抑制され、
血中のヒスタミン濃度の上昇も抑えることにつながり、
アスピリンによるロイコトリエン生成の増強が功を奏したとされています。

 

 

 

ロイコトリエンとは、炎症反応において非常に重要な役割を果たす物質である。ロイコトリエンB4などが好中球に走化性を与えることで炎症組織に必要な細胞を招集する。また、ロイコトリエンは血管収縮と気管支収縮に関して強力な効果があり、さらに血管透過性を増加させる。
(Wikipediaより引用)

 

 

 

また、温熱蕁麻疹の場合、温熱刺激を受けるとかゆみの
原因であるヒスタミンの濃度が上昇するのですが、

 

 

 

アスピリンによってヒスタミン濃度が抑制され、
温熱刺激によって肥満細胞が脱顆粒し、ヒスタミンを遊離する
経路を抑制していることも関連しているとされています。

 

 

 

アスピリンは内服以外にも外用に用いられることもあり、
実際にヒスタミンが遊離されて症状が出ている段階でも、
蕁麻疹症状の誘発を抑制するとされています。

 

 

 

抗ヒスタミン剤が効かずに困っていて、それでも薬に頼りたいという場合は、
アスピリンの使用も考えてみてもいいかもしれません。

 

 

 

気になる方は、医師に相談されてみてください。
ありがとうございました!

 

 

 

温熱蕁麻疹を改善したいなら?!

僕自身、色々な方法を試しましたが、やはり熱に徐々に体を慣らしていく 減感作療法が一番効果を発揮しました。



その方法を実践する場所はお風呂場になるのですが、 あまりに熱いお湯にいきなり浸かると、蕁麻疹の痛かゆい症状で ストレスになりますし、なによりショック症状が出る恐れがあります。



もしお風呂場でショック症状が起こりでもしたら、 浴槽でおぼれるかもしれませんし、そのまま倒れて 頭を強く打って致命傷になるかもしれません。



そんなことを避けるためにも、はじめは蕁麻疹が出るか出ないかくらいの きわどい温度で慣らしていく必要があります。



でも、それでも温熱蕁麻疹患者にとってはつらい治療になることは必須!



なんせ蕁麻疹になるような状況をあえて作ってそこに飛び込むわけですから、 もうあの蕁麻疹のかゆさやチクチク感に堪えるあのさまはまさに苦行!



温熱蕁麻疹になるような人はただでさえ肌が敏感に反応してしまいますから、 お風呂の温度を下げて入るとしても、肌を守る対策を採らなくてはいけません。



そこでおススメなのが、『みんなの肌潤風呂』です!







この入浴剤は、お風呂に入れるだけで肌を刺激する塩素を除去し、 保湿効果をもたらしてお風呂の温熱刺激から守ってくれます。



しかも、お風呂から上がった後の乾燥しがちな肌もバリアし、 敏感になりがちな風呂上りの肌を温熱刺激から守ってくれるのです。



アトピー肌や赤ちゃんでも使えるので、肌が弱くて温熱蕁麻疹が怖くて お風呂に入れないという方におススメの商品です。



実際に僕も購入して試してみたので、 詳しく見てみたい方は、以下の実践レビューをどうそ!








ホーム RSS購読 サイトマップ