温熱蕁麻疹治療のためにいい医者かどうかを見分ける方法!

いい医者かどうかを見分けるための2つのポイント!

いい医者かどうかを見分けるための2つのポイント!

皮膚科などの病院選びも、温熱蕁麻疹治療においては
非常に重要な部分ではありますが、医者選びも
同じくらい重要です。

 

 

 

最近は、雑誌の健康特集などで最後に必ず、
「この治療法を受けてみたい方は信頼できる病院へ相談しましょう。」
と書かれていますが、そもそもどうやって信頼できる病院を探すのか?

 

 

 

これが結構難しい問題で、多少運も絡んできます。
それこそ、そういった評判のいい病院と医者を知っている人に
出会わなかったら、中々自力で探すのは難しいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

「患者の話しをよく聞いてくれるのがいい先生だ」などと
言われたりもしますが、僕はそうは思いません。

 

 

 

確かに人と話をしてヒアリングすることも大事ですが、
医学に対する知識や技術はもっと重要ではないでしょうか?

 

 

 

そこで、医者選びで重要なのは以下の2点です!

 

 

 

技術や知識が伴っているかどうか。
正直に話しやすい医者かどうか。

 

 

 

それでは順番ずつ解説していきます。

 

 

 

技術や知識が伴っているかどうか。

 

 

 

先ほどのように、「患者の話をよく聞いてくれるのはいい先生だ」
という誤解が多いという話をしましたが、話を聞いているだけで
知識のなさをごまかしているケースもあります。

 

 

 

もらっている薬自体は悪くなくても、医者側の知識不足で
説明のし損ねなどのせいで、患者が満足して薬を
使わないケースが非常に多いのです。

 

 

 

 

 

 

 

例えば、どうやっても1ヶ月はかかりそうな病気なのに、
医者の説明なしで、1週間服用したけど薬が効かなかったと
患者が勝手に判断してしまうような事態が起きてしまうわけです。

 

 

 

医者が事前に治るまでに短くても1ヶ月はかかると伝えていれば、
こんなことにはならなかったと思います。

 

 

 

正直に話しやすい医者かどうか。

 

 

 

当然ですが、患者が正直に話したいと思えるような
先生でなければ、治療は難しくなります。

 

 

 

包容力があって、紳士に対応してくれる優しい先生だったら、
薬の飲み忘れなども正直に話しやすいですよね。
蕁麻疹の症状の経過などもそうです。

 

 

 

 

 

 

 

薬を飲まなかった時期があった場合、しっかりした医者であれば
必ず理由を聞いてきますので、そこらへんも正直に答えるようにしてください。

 

 

 

話してくれないと、向こうも副作用で飲めないのかどうかが
わからないからです。

 

 

 

以上のようなところをポイントに、
医者を選ぶようにしてください。

 

 

 

ほかの記事では、皮膚科の選び方についても解説していますので、
そちらを知りたい方は以下の記事をどうぞ。

 

 

 

温熱蕁麻疹治療のための賢い皮膚科の選び方!

 

 

温熱蕁麻疹を改善したいなら?!

僕自身、色々な方法を試しましたが、やはり熱に徐々に体を慣らしていく 減感作療法が一番効果を発揮しました。



その方法を実践する場所はお風呂場になるのですが、 あまりに熱いお湯にいきなり浸かると、蕁麻疹の痛かゆい症状で ストレスになりますし、なによりショック症状が出る恐れがあります。



もしお風呂場でショック症状が起こりでもしたら、 浴槽でおぼれるかもしれませんし、そのまま倒れて 頭を強く打って致命傷になるかもしれません。



そんなことを避けるためにも、はじめは蕁麻疹が出るか出ないかくらいの きわどい温度で慣らしていく必要があります。



でも、それでも温熱蕁麻疹患者にとってはつらい治療になることは必須!



なんせ蕁麻疹になるような状況をあえて作ってそこに飛び込むわけですから、 もうあの蕁麻疹のかゆさやチクチク感に堪えるあのさまはまさに苦行!



温熱蕁麻疹になるような人はただでさえ肌が敏感に反応してしまいますから、 お風呂の温度を下げて入るとしても、肌を守る対策を採らなくてはいけません。



そこでおススメなのが、『みんなの肌潤風呂』です!







この入浴剤は、お風呂に入れるだけで肌を刺激する塩素を除去し、 保湿効果をもたらしてお風呂の温熱刺激から守ってくれます。



しかも、お風呂から上がった後の乾燥しがちな肌もバリアし、 敏感になりがちな風呂上りの肌を温熱刺激から守ってくれるのです。



アトピー肌や赤ちゃんでも使えるので、肌が弱くて温熱蕁麻疹が怖くて お風呂に入れないという方におススメの商品です。



実際に僕も購入して試してみたので、 詳しく見てみたい方は、以下の実践レビューをどうそ!








ホーム RSS購読 サイトマップ