温熱蕁麻疹と抗ヒスタミン薬

抗ヒスタミン剤を増やして蕁麻疹を治療するポイントとは?

抗ヒスタミン剤を増やして蕁麻疹を治療するポイントとは?

抗ヒスタミン薬を増量するときのポイントは、
通常量の非鎮静性抗ヒスタミン薬を1〜2週間程度
内服して蕁麻疹の改善やかゆみの減少など一定の効果が確認でき、

 

 

 

眠気や倦怠感など患者自身が自覚できる副作用が
少ない薬剤であることが重要になります。

 

 

 

 

 

 

 

  • 非鎮静性抗ヒスタミン薬を2週間程度利用して効果が出ているか?
  • 増量する抗ヒスタミン薬そのものが副作用の少ないものか?

 

 

 

この2点をまずは押さえてもらったうえで、薬の増量を
増やされることを検討してください。

 

 

 

増量することで温熱蕁麻疹などの蕁麻疹に
さらなる効果を期待することができることはあり、
セチリジン塩酸塩とエピナスチン塩酸塩などがいい例です。

 

 

 

より安全に抗ヒスタミン薬を使用するための注意点!

 

 

 

ただし、抗ヒスタミン薬を増やすということは、
各薬剤における何らかのトラブルのリスクが上がることも
念頭に置かなくてはいけません。

 

 

 

蕁麻疹患者自身が自覚できる眠気や倦怠感などの
副作用ならまだいいですが、それに加えて自分たちでは
気づきにくい副作用が密かに進行するといったことにも注意が必要!

 

 

 

より安全に薬の量を増やして投与を行うためには、
いわゆる第二世代抗ヒスタミン薬である非鎮静性抗ヒスタミン薬
に限定して慎重に検討する必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

参考までに、非鎮静性の第二世代抗ヒスタミン薬には、
以下のようなものがあります。

 

 

 

■非鎮静性第二世代抗ヒスタミン薬

  • アレジオン
  • エバステル
  • ジルテック
  • アレグラ
  • タリオン
  • アレロック
  • クラリチン
  • ザイザル

 

 

 

ザイザルやタリオンなどは、僕自身鼻炎の症状を抑える時などに
よく処方されたもので、結構身近な存在です。

 

 

 

抗ヒスタミン薬の増量は、発疹の形成において、主にヒスタミンが関与する
難治性の蕁麻疹に対してその効果を発揮しやすいです。

 

 

 

温熱蕁麻疹などはその典型で、発症すると中々治りにくい蕁麻疹です。
抗ヒスタミン薬を使ってみてウンともスンとも言わない場合は、
増量を考えてみるのもいいかもしれません。

 

 

 

それでもダメな場合は、もしかしたら温熱蕁麻疹のような、
物理的刺激を受けてヒスタミンが放出されることで発症する
蕁麻疹ではないかもしれません。

 

 

 

ヒスタミン以外の悪化因子の関与についても
検討しながら、抗ヒスタミン薬の投与を考えていきましょう。

 

 

 

温熱蕁麻疹を改善したいなら?!

僕自身、色々な方法を試しましたが、やはり熱に徐々に体を慣らしていく 減感作療法が一番効果を発揮しました。



その方法を実践する場所はお風呂場になるのですが、 あまりに熱いお湯にいきなり浸かると、蕁麻疹の痛かゆい症状で ストレスになりますし、なによりショック症状が出る恐れがあります。



もしお風呂場でショック症状が起こりでもしたら、 浴槽でおぼれるかもしれませんし、そのまま倒れて 頭を強く打って致命傷になるかもしれません。



そんなことを避けるためにも、はじめは蕁麻疹が出るか出ないかくらいの きわどい温度で慣らしていく必要があります。



でも、それでも温熱蕁麻疹患者にとってはつらい治療になることは必須!



なんせ蕁麻疹になるような状況をあえて作ってそこに飛び込むわけですから、 もうあの蕁麻疹のかゆさやチクチク感に堪えるあのさまはまさに苦行!



温熱蕁麻疹になるような人はただでさえ肌が敏感に反応してしまいますから、 お風呂の温度を下げて入るとしても、肌を守る対策を採らなくてはいけません。



そこでおススメなのが、『みんなの肌潤風呂』です!







この入浴剤は、お風呂に入れるだけで肌を刺激する塩素を除去し、 保湿効果をもたらしてお風呂の温熱刺激から守ってくれます。



しかも、お風呂から上がった後の乾燥しがちな肌もバリアし、 敏感になりがちな風呂上りの肌を温熱刺激から守ってくれるのです。



アトピー肌や赤ちゃんでも使えるので、肌が弱くて温熱蕁麻疹が怖くて お風呂に入れないという方におススメの商品です。



実際に僕も購入して試してみたので、 詳しく見てみたい方は、以下の実践レビューをどうそ!







関連ページ

抗ヒスタミン剤が温熱蕁麻疹に効かないことがあるのはなぜ?
温熱蕁麻疹の治し方をお教えします。中々治らないじんましんですが、根気よく対策すれば改善できます。頑張りましょう!
抗ヒスタミン薬が眠気を起こすのは嘘?
温熱蕁麻疹の治し方をお教えします。中々治らないじんましんですが、根気よく対策すれば改善できます。頑張りましょう!
かゆみ対策で抗ヒスタミン剤以外に効果的な方法は?
温熱蕁麻疹の治し方をお教えします。中々治らないじんましんですが、根気よく対策すれば改善できます。頑張りましょう!
温熱蕁麻疹のかゆみ解消には外用ステロイドも有効?
温熱蕁麻疹の治し方をお教えします。中々治らないじんましんですが、根気よく対策すれば改善できます。頑張りましょう!
就寝時の熱による温熱蕁麻疹のかゆみで寝れない方に向けた薬
温熱蕁麻疹の治し方をお教えします。中々治らないじんましんですが、根気よく対策すれば改善できます。頑張りましょう!
冬の乾燥に伴う温熱蕁麻疹に対する抗ヒスタミン薬の使い方
温熱蕁麻疹の治し方をお教えします。中々治らないじんましんですが、根気よく対策すれば改善できます。頑張りましょう!

ホーム RSS購読 サイトマップ