温熱蕁麻疹のかゆみ解消に外用ステロイド

温熱蕁麻疹のかゆみ解消には外用ステロイドも有効?

温熱蕁麻疹のかゆみ解消には外用ステロイドも有効?

外用ステロイドは、蕁麻疹のような皮膚疾患以外にも、
アトピー性皮膚炎などにも用いられる薬で、
薬自体の薬理活性はすでに認められています。

 

 

 

ただ、僕の経験上からしても、外用ステロイドは使っても
そこまで効果は期待できないと思います。

 

 

 

どちらかというと、外用ステロイドはアトピー性皮膚炎などに向いているかな。
コリン性蕁麻疹と温熱蕁麻疹を患っている僕が実際に使ってみましたが、
良くて気休め程度にしかなりませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

なんというか、蕁麻疹のややこしいところって、かゆみの症状は
外的・内的刺激によるヒスタミン分泌が原因なんですが、
抗ヒスタミン剤を使っても改善しないことが多いことです。

 

 

 

かゆみの成分であるヒスタミンを抑える薬を飲んでるんだから、
かゆみが治まるはずなのに全然効かない。( ̄▽ ̄;)

 

 

 

ステロイドに関しても同様で、外用ステロイドを使っても
ほとんど効果が見込めませんでした。

 

 

 

むしろ、減感作療法などでアレルゲンとなる物質や要因にあえて触れていくことで
体を慣らしていったり、汗をかいたりしてデトックスで体の毒を抜いたり、
保湿を行ったりなどで改善したことが多かったです。

 

 

 

特に入浴の時の保湿ケアですが、これのおかげで
外部からの温熱刺激を抑えることができて症状が結構
マシになったんです。(^^)v

 

 

 

むしろ体質改善なんかで治療を目指したほうが、
温熱蕁麻疹も含めた蕁麻疹の治療は有効かもしれません。

 

 

 

※あくまで個人の感想です。

 

 

 

外用ステロイドの種類から効果の仕組みを考える。

 

 

 

外用ステロイドは、大きく分けて2つの種類があります。

 

 

 

 

 

 

■外用ステロイドの2つのタイプ

 

  • 遺伝子誘導型の抗炎症作用タイプ
  • 非遺伝子誘導型の抗炎症作用タイプ

 

 

 

抗炎症作用には狭義の意味での抗炎症作用と、
抗アレルギー作用、免疫抑制作用の3種類があります。

 

 

 

ヒスタミンに対しては、脱顆粒抑制や膜の安定性に関与する
非遺伝誘導的な作用が関わっているとされ、数秒単位で
その効果は発揮されます。

 

 

 

しかし、蕁麻疹に従来の外用ステロイドが奏効するのは
非常に希で、大抵は少し気休め程度に収まるか、
全く変わらないかのどちらかです。

 

 

 

ステロイドは、マウスやラットのマスト細胞よりのヒスタミン遊離を
抑制しますが、ステロイド外用薬に即効性のかゆみ抑制効果はなく、
むしろアトピーなどには有効だとされています。

 

 

 

その理由として、好酸球やリンパ球の調節分子であるサイトカイン、
ケモカインの産生制御を介してかゆみを抑制すると考えられています。

 

 

 

温熱蕁麻疹を改善したいなら?!

僕自身、色々な方法を試しましたが、やはり熱に徐々に体を慣らしていく 減感作療法が一番効果を発揮しました。



その方法を実践する場所はお風呂場になるのですが、 あまりに熱いお湯にいきなり浸かると、蕁麻疹の痛かゆい症状で ストレスになりますし、なによりショック症状が出る恐れがあります。



もしお風呂場でショック症状が起こりでもしたら、 浴槽でおぼれるかもしれませんし、そのまま倒れて 頭を強く打って致命傷になるかもしれません。



そんなことを避けるためにも、はじめは蕁麻疹が出るか出ないかくらいの きわどい温度で慣らしていく必要があります。



でも、それでも温熱蕁麻疹患者にとってはつらい治療になることは必須!



なんせ蕁麻疹になるような状況をあえて作ってそこに飛び込むわけですから、 もうあの蕁麻疹のかゆさやチクチク感に堪えるあのさまはまさに苦行!



温熱蕁麻疹になるような人はただでさえ肌が敏感に反応してしまいますから、 お風呂の温度を下げて入るとしても、肌を守る対策を採らなくてはいけません。



そこでおススメなのが、『みんなの肌潤風呂』です!







この入浴剤は、お風呂に入れるだけで肌を刺激する塩素を除去し、 保湿効果をもたらしてお風呂の温熱刺激から守ってくれます。



しかも、お風呂から上がった後の乾燥しがちな肌もバリアし、 敏感になりがちな風呂上りの肌を温熱刺激から守ってくれるのです。



アトピー肌や赤ちゃんでも使えるので、肌が弱くて温熱蕁麻疹が怖くて お風呂に入れないという方におススメの商品です。



実際に僕も購入して試してみたので、 詳しく見てみたい方は、以下の実践レビューをどうそ!







関連ページ

抗ヒスタミン剤が温熱蕁麻疹に効かないことがあるのはなぜ?
温熱蕁麻疹の治し方をお教えします。中々治らないじんましんですが、根気よく対策すれば改善できます。頑張りましょう!
抗ヒスタミン薬が眠気を起こすのは嘘?
温熱蕁麻疹の治し方をお教えします。中々治らないじんましんですが、根気よく対策すれば改善できます。頑張りましょう!
かゆみ対策で抗ヒスタミン剤以外に効果的な方法は?
温熱蕁麻疹の治し方をお教えします。中々治らないじんましんですが、根気よく対策すれば改善できます。頑張りましょう!
就寝時の熱による温熱蕁麻疹のかゆみで寝れない方に向けた薬
温熱蕁麻疹の治し方をお教えします。中々治らないじんましんですが、根気よく対策すれば改善できます。頑張りましょう!
冬の乾燥に伴う温熱蕁麻疹に対する抗ヒスタミン薬の使い方
温熱蕁麻疹の治し方をお教えします。中々治らないじんましんですが、根気よく対策すれば改善できます。頑張りましょう!
抗ヒスタミン剤を増やして蕁麻疹を治療するポイントとは?
温熱蕁麻疹の治し方をお教えします。中々治らないじんましんですが、根気よく対策すれば改善できます。頑張りましょう!

ホーム RSS購読 サイトマップ