温熱蕁麻疹と抗ヒスタミン薬

温熱蕁麻疹と抗ヒスタミン薬

温熱蕁麻疹と抗ヒスタミン薬

抗ヒスタミン剤は温熱蕁麻疹だけでなく、
様々な蕁麻疹の治療に活用されているかゆみや
炎症を抑えるための薬です。

 

 

 

ただ、薬によっては副作用が強かったり、
症状がひどい方に使っても効果が薄いものも
中には存在しますので、しっかり学んでおく必要があります。

 

 

 

温熱蕁麻疹であろうと寒冷蕁麻疹であろうとなんだろうと、
かゆみを抑えることで症状はかなり改善されるわけですから、
抗ヒスタミン剤は共通治療方法だと言えます。

 

 

 

有効な活用の仕方と正しい使い方、薬の紹介、
副作用や効果の高さなどを各記事で解説します。

 

 

温熱蕁麻疹と抗ヒスタミン薬記事一覧

 

温熱蕁麻疹と抗ヒスタミン薬記事一覧

抗ヒスタミン剤が温熱蕁麻疹に効かないことがあるのはなぜ?

温熱蕁麻疹患者が抗ヒスタミン剤が効かないと訴えるケースは多いですが、それが本当に効いていないかどうかはしっかりと検証しなくてはいけません。蕁麻疹のガイドラインでは、蕁麻疹を「特発性の蕁麻疹」と「皮疹を誘発できるタイプの蕁麻疹」の2種類に分けていますが、もしかしたらどちらも併発していて、薬によって片方...

≫続きを読む

 

抗ヒスタミン薬が眠気を起こすのは嘘?

温熱蕁麻疹などの蕁麻疹のかゆみの治療に用いられる抗ヒスタミン剤ですが、抗ヒスタミン剤を飲むことで眠気を誘発するのは本当です。その仕組みを解説すると、まず中枢ヒスタミン神経が脳の視床下部に存在し、脳から脊髄にかけて、広範囲に分布しています。このヒスタミン神経は覚醒時に強く興奮してヒスタミンを遊離させ、...

≫続きを読む

 

かゆみ対策で抗ヒスタミン剤以外に効果的な方法は?

抗ヒスタミン剤は蕁麻疹によく使われ、それが奏効して完治に向かうこともありますが、慢性化した蕁麻疹の場合、ほとんどの確率で気休め程度にしかなりません。体がすでに癖づいてしまって、蕁麻疹の原因物に過敏に反応してしまうようになってしまっているのです。そこで抗ヒスタミン剤以外で有効な温熱蕁麻疹の治療方法はな...

≫続きを読む

 

温熱蕁麻疹のかゆみ解消には外用ステロイドも有効?

外用ステロイドは、蕁麻疹のような皮膚疾患以外にも、アトピー性皮膚炎などにも用いられる薬で、薬自体の薬理活性はすでに認められています。ただ、僕の経験上からしても、外用ステロイドは使ってもそこまで効果は期待できないと思います。どちらかというと、外用ステロイドはアトピー性皮膚炎などに向いているかな。コリン...

≫続きを読む

 

就寝時の熱による温熱蕁麻疹のかゆみで寝れない方に向けた薬

一般的にかゆみは夜になると強くなります。僕もコリン性蕁麻疹と温熱蕁麻疹を患っていたとき、ひどいと寝ている時に熱のせいで疼痛とかゆみで辛い思いをしたりしました。温熱蕁麻疹はよく、ストーブや暖房などによる熱にのみ反応すると思われがちですが、実は就寝時の布団の中でこもる熱の温度によっても発症してしまうこと...

≫続きを読む

 

冬の乾燥に伴う温熱蕁麻疹に対する抗ヒスタミン薬の使い方

冬場の乾燥に伴い悪化する温熱蕁麻疹のかゆみに対する抗ヒスタミン薬の使い方のポイントは、まずは乾燥そのものによるかゆみに対する対応が大事。意識すべきことは、まず内服するタイミングとコンプライアンスの配慮、そして患者自身の年齢や生活習慣に配慮することです。また、その時その時ですぐにかゆみをとりたい場合と...

≫続きを読む

 

抗ヒスタミン剤を増やして蕁麻疹を治療するポイントとは?

抗ヒスタミン薬を増量するときのポイントは、通常量の非鎮静性抗ヒスタミン薬を1〜2週間程度内服して蕁麻疹の改善やかゆみの減少など一定の効果が確認でき、眠気や倦怠感など患者自身が自覚できる副作用が少ない薬剤であることが重要になります。非鎮静性抗ヒスタミン薬を2週間程度利用して効果が出ているか?増量する抗...

≫続きを読む

 

温熱蕁麻疹を改善したいなら?!

僕自身、色々な方法を試しましたが、やはり熱に徐々に体を慣らしていく 減感作療法が一番効果を発揮しました。



その方法を実践する場所はお風呂場になるのですが、 あまりに熱いお湯にいきなり浸かると、蕁麻疹の痛かゆい症状で ストレスになりますし、なによりショック症状が出る恐れがあります。



もしお風呂場でショック症状が起こりでもしたら、 浴槽でおぼれるかもしれませんし、そのまま倒れて 頭を強く打って致命傷になるかもしれません。



そんなことを避けるためにも、はじめは蕁麻疹が出るか出ないかくらいの きわどい温度で慣らしていく必要があります。



でも、それでも温熱蕁麻疹患者にとってはつらい治療になることは必須!



なんせ蕁麻疹になるような状況をあえて作ってそこに飛び込むわけですから、 もうあの蕁麻疹のかゆさやチクチク感に堪えるあのさまはまさに苦行!



温熱蕁麻疹になるような人はただでさえ肌が敏感に反応してしまいますから、 お風呂の温度を下げて入るとしても、肌を守る対策を採らなくてはいけません。



そこでおススメなのが、『みんなの肌潤風呂』です!







この入浴剤は、お風呂に入れるだけで肌を刺激する塩素を除去し、 保湿効果をもたらしてお風呂の温熱刺激から守ってくれます。



しかも、お風呂から上がった後の乾燥しがちな肌もバリアし、 敏感になりがちな風呂上りの肌を温熱刺激から守ってくれるのです。



アトピー肌や赤ちゃんでも使えるので、肌が弱くて温熱蕁麻疹が怖くて お風呂に入れないという方におススメの商品です。



実際に僕も購入して試してみたので、 詳しく見てみたい方は、以下の実践レビューをどうそ!








ホーム RSS購読 サイトマップ