ココナッツオイルで代謝を上げて温熱蕁麻疹と冷え症対策!

ココナッツオイルで代謝を上げて温熱蕁麻疹と冷え症対策!

基礎代謝の低下が温熱蕁麻疹と冷え症を招く?!

 

僕たちが食べ物を食べると、細胞の多くが消化と吸収を
助けるために活発になり、熱エネルギーが産生されます。

 

 

 

取り込まれた食物エネルギーの約10%はこのために
消費されると言われていますが、これによって体が温まり、
冷えを未然に防いでくれるのです。

 

 

 

しかし、基礎代謝は基本的に年齢を重ねるごとに下降線を辿り、
熱産生が衰えて体温が低くなっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

これが冷えにつながり、免疫力の低下などで、
温熱蕁麻疹などの皮膚疾患を招いてしまうのです。

 

 

 

基本的に基礎代謝は、体を動かしたり、筋肉を鍛えるなどすれば
改善していくのですが、社会人になってくると時間が足りなくなってきます。

 

 

 

すると、どんどん体が衰えていき、免疫力が低下していきます。
そこで、運動しなくても基礎代謝を上げられる手軽な方法は
ないものかと思いますが、実はあります。

 

 

 

それが、ココナッツオイルの力です!

 

 

 

このココナッツオイルによって、冷え性の改善と、
温熱蕁麻疹の治療に役立つかもしれません。

 

 

 

 

ココナッツオイルで代謝を上げて温熱蕁麻疹と冷え症対策!

 

 

最近健康食材として話題のココナッツオイルですが、
甘い香りがして好きな人はすごく好きですよね。
僕は結構好きです。(^^)v

 

 

 

実はこのココナッツオイルが、温熱じんましんや冷え症を改善するのに
役立つかもしれないのです。

 

 

 

 

 

 

 

ココナッツオイルには代謝を上げる効果があり、
寒い時期でも体がそれに反応して勝手に暖かくしてくれるようになり、
冷え症を解消することにつながります。

 

 

 

タンパク質などを摂取するのも、基礎代謝の向上につながりますが、
実はココナッツオイルの方が効果が高いです。

 

 

 

ココナッツオイルに含まれている中鎖脂肪酸は、体の代謝作用を加速させ、
より多くのカロリーを燃焼させます。

 

 

 

中鎖脂肪酸は吸収されやすく、直接肝臓に行き、
急速に燃やされて代謝のためのエネルギーになり、
代謝活動を高めていきます。

 

 

 

 

 

 

 

この過程で、代謝活動が活発になると、
体の体温も自然と上昇し、冷えを感じることが少なくなります。
体温が上昇しても大丈夫です。温熱蕁麻疹は起きません。

 

 

 

温熱蕁麻疹は外部からの熱によって引き起こされますから、
体内からくる体質的な温度には反応しないのです。

 

 

 

 

入浴後にココナッツオイルで保湿?!

 

 

入浴後は、乾燥肌になりやすく、温熱蕁麻疹も出やすいとき。
ここで保湿を行うという話ですが、ココナッツオイルもまた、
保湿として使うことができます。

 

 

 

ココナッツオイルは、多くのフリーラジカルを起こしやすい
保湿商品と違い、フリーラジカルの生成とそれによる損傷を
防いでくれます。

 

 

 

油なのでベタベタする印象がありますが、吸収が非常に速いので、
ベタベタした膜が残ることはありません。

 

 

 

 

 

 

 

乾燥肌がひどい方は、はじめは何度も塗り直す必要がありますが、
何度も塗っていけば、続けていくと肌が健康になっていくのがわかります。
ゆっくり肌が柔らかくなり、新しい健康な細胞の成長が促進されるのです。

 

 

 

まさに、自然の恵みといってもいいでしょう。

 

 

 

乾燥肌は温熱や寒冷などの刺激を直接受け、
皮膚にダメージを残しやすくなります。

 

 

 

より皮膚が晒されて、敏感になってしまうので、
温熱蕁麻疹もより悪化します。

 

 

 

一度、たっぷり入浴したあとにストーブの近くに
行ってみてください。

 

 

 

いつも以上に温熱蕁麻疹の症状が
ひどくなるはずです。(個人差有り)

 

 

 

ココナッツオイルは、スーパーで2000円程度支払うことで、
かなりの量を購入できますから、ぜひあなたも、
まずは1週間だけでもいいので試してみてください。

 

 

 

温熱蕁麻疹を改善したいなら?!

僕自身、色々な方法を試しましたが、やはり熱に徐々に体を慣らしていく 減感作療法が一番効果を発揮しました。



その方法を実践する場所はお風呂場になるのですが、 あまりに熱いお湯にいきなり浸かると、蕁麻疹の痛かゆい症状で ストレスになりますし、なによりショック症状が出る恐れがあります。



もしお風呂場でショック症状が起こりでもしたら、 浴槽でおぼれるかもしれませんし、そのまま倒れて 頭を強く打って致命傷になるかもしれません。



そんなことを避けるためにも、はじめは蕁麻疹が出るか出ないかくらいの きわどい温度で慣らしていく必要があります。



でも、それでも温熱蕁麻疹患者にとってはつらい治療になることは必須!



なんせ蕁麻疹になるような状況をあえて作ってそこに飛び込むわけですから、 もうあの蕁麻疹のかゆさやチクチク感に堪えるあのさまはまさに苦行!



温熱蕁麻疹になるような人はただでさえ肌が敏感に反応してしまいますから、 お風呂の温度を下げて入るとしても、肌を守る対策を採らなくてはいけません。



そこでおススメなのが、『みんなの肌潤風呂』です!







この入浴剤は、お風呂に入れるだけで肌を刺激する塩素を除去し、 保湿効果をもたらしてお風呂の温熱刺激から守ってくれます。



しかも、お風呂から上がった後の乾燥しがちな肌もバリアし、 敏感になりがちな風呂上りの肌を温熱刺激から守ってくれるのです。



アトピー肌や赤ちゃんでも使えるので、肌が弱くて温熱蕁麻疹が怖くて お風呂に入れないという方におススメの商品です。



実際に僕も購入して試してみたので、 詳しく見てみたい方は、以下の実践レビューをどうそ!







関連ページ

冷え症改善に抜群?!黒しょうがの驚くべき効果!
温熱蕁麻疹の治し方をお教えします。中々治らないじんましんですが、根気よく対策すれば改善できます。頑張りましょう!

ホーム RSS購読 サイトマップ