温熱蕁麻疹の原因である乾燥肌を治療!

入浴剤VS保湿クリーム!乾燥肌をケアするならどっち?

入浴剤VS保湿クリーム!乾燥肌をケアするなら?

乾燥肌を防ぐための方法としては、
入浴剤か保湿クリームかで結構悩むと思います。

 

 

 

僕自身もだいぶ悩み、自分に合ったスタイルを見つけるまで
結構時間がかかりました・・・。( ̄▽ ̄;)

 

 

 

でも、実はどっちも選択肢としては全然アリで、
ようは目的別というか、どういう状況で使うのかによって
選択すべきものは全然違ってきます。

 

 

 

 

 

 

 

結論から言うと、『入浴剤VS保湿クリーム』なんて言っても、
結局はその使い道と使うシチュエーションが重要なのです。

 

 

 

各個人がおかれたシチュエーションに合わせて使い分けることで、
それらの効果を100%発揮し、満足度につながってきます。

 

 

 

じゃあ、どういった状況で使うのが効果的なんでしょうか?

 

 

 

保湿クリームを有効に使えるのはどんなとき?

 

 

 

乾燥肌と温熱蕁麻疹に悩んでいる方に向けてお伝えすると、
保湿クリームは真っ先に挙がる選択肢だと思います。

 

 

 

保湿効果があるってわかってるし、
とりあえず保湿クリームさえ塗っておけば大丈夫っていう
妙な安心感も得られるので、精神的にも楽。

 

 

 

 

 

 

 

でも、保湿クリームも要は使いようで、
ピンポイントで体の一部分が乾燥して、温熱蕁麻疹がそこだけに
起こるというなら保湿クリームは役に立ちますが、広範囲や全身となると別。

 

 

 

保湿クリームなんて安いものを買っても正直あまり効果がないし、
物によってはベタついたりもして、全身に使ったりなんてしたら
全身クリームまみれで気持ち悪いんですよね。

 

 

 

しかも量自体もそこまで多くないし、高いものだと数千円はしますから、
あまりにも広範囲に症状を引き起こしてしまう場合はオススメできません。
そんなんでいちいち塗ってたら勿体ないし、塗り逃しだって起こります。

 

 

 

それに背中なんて塗りにくいですから、諦めてしまうこともしばしば。
背中って個人的に結構、温熱蕁麻疹が出やすいところなので、
保湿クリームだけだとちょっと辛い・・・。

 

 

 

入浴剤を有効活用できるシチュエーションとは?

 

 

 

温熱蕁麻疹とその原因である乾燥肌のケアに入浴剤を
使用するシチュエーションとしては、広範囲もしくは全身の
重度な乾燥肌や温熱蕁麻疹に悩んでいる方にオススメです。

 

 

 

あとは、背中などに蕁麻疹が出てしまう方とかにオススメかな。

 

 

 

 

保湿効果の高い入浴剤ってお風呂に入れて浸かったら、
それだけで全身を保湿ケアできますから、すごく便利!

 

 

 

 

 

 

 

一般的に、お風呂って入浴するだけで角質や汚れがどんどん落ち、
乾燥しやすい肌環境をつくりやすい時間だと言えますが、

 

 

 

本来であれば皮膚を乾燥させやすいお風呂タイムも、
保湿効果のある入浴剤をちょこっと入れるだけで、
保湿クリームいらずのケアを可能にします。

 

 

 

いちいち保湿クリームを塗る手間も省けて、
乾燥肌と温熱じんましんの治療にも使えるので
まさに一石二鳥といってもいいでしょう。

 

 

 

ただ、乾燥肌も一部分で、温熱蕁麻疹が出る箇所もそこだけ
という方は、保湿効果のある入浴剤はもったいないかもしれません。

 

 

 

まあ、全身ケアをするのに越したことはありませんが、
患部が一部分だけにとどまっているなら、保湿クリームを
入浴後にちょこっと塗るだけの方がコスパはいいです。

 

 

 

本当に全身、もしくは広範囲に乾燥して、
温熱蕁麻疹などの皮膚疾患に悩んでいるという場合に
利用するときに、入浴剤はコスパを発揮するものだと思います。

 

 

 

冬や秋などの乾燥しやすい時期に、広範囲にわたって
乾燥して温熱蕁麻疹が出る方には、保湿効果のある
入浴剤をオススメします。

 

 

 

 

 

 

 

当サイトでは、アトピーや入浴後のかゆみ、皮膚の炎症を
治療するため専用で開発された入浴剤『みんなの肌潤風呂』
実践レビューさせていただいております。

 

 

 

東証一部上場の会社が開発し、様々な口コミサイトで好評な
まさに健康ジャンルの入浴剤のベストセラーとも言ってもいいくらい
今でも売れ続けているものです。

 

 

 

以下の記事で実践レビューを行っていますので、
日々の乾燥肌や温熱蕁麻疹、もしくは温熱蕁麻疹でなくても、
入浴後のかゆみなどに悩んでいる方はぜひ検討してみてください。

 

 

 

温熱蕁麻疹改善?!みんなの肌潤風呂の実践レビュー!

 

 

 

温熱蕁麻疹を改善したいなら?!

僕自身、色々な方法を試しましたが、やはり熱に徐々に体を慣らしていく 減感作療法が一番効果を発揮しました。



その方法を実践する場所はお風呂場になるのですが、 あまりに熱いお湯にいきなり浸かると、蕁麻疹の痛かゆい症状で ストレスになりますし、なによりショック症状が出る恐れがあります。



もしお風呂場でショック症状が起こりでもしたら、 浴槽でおぼれるかもしれませんし、そのまま倒れて 頭を強く打って致命傷になるかもしれません。



そんなことを避けるためにも、はじめは蕁麻疹が出るか出ないかくらいの きわどい温度で慣らしていく必要があります。



でも、それでも温熱蕁麻疹患者にとってはつらい治療になることは必須!



なんせ蕁麻疹になるような状況をあえて作ってそこに飛び込むわけですから、 もうあの蕁麻疹のかゆさやチクチク感に堪えるあのさまはまさに苦行!



温熱蕁麻疹になるような人はただでさえ肌が敏感に反応してしまいますから、 お風呂の温度を下げて入るとしても、肌を守る対策を採らなくてはいけません。



そこでおススメなのが、『みんなの肌潤風呂』です!







この入浴剤は、お風呂に入れるだけで肌を刺激する塩素を除去し、 保湿効果をもたらしてお風呂の温熱刺激から守ってくれます。



しかも、お風呂から上がった後の乾燥しがちな肌もバリアし、 敏感になりがちな風呂上りの肌を温熱刺激から守ってくれるのです。



アトピー肌や赤ちゃんでも使えるので、肌が弱くて温熱蕁麻疹が怖くて お風呂に入れないという方におススメの商品です。



実際に僕も購入して試してみたので、 詳しく見てみたい方は、以下の実践レビューをどうそ!








ホーム RSS購読 サイトマップ