自律神経を治療して温熱蕁麻疹対策!

自律神経を治療して温熱蕁麻疹対策!

自律神経治療が温熱蕁麻疹に重要なワケとは?

血管や神経系など、すべてを司っているのがこの自律神経。
ここがおかしくなると、蕁麻疹などの皮膚疾患から様々な
病気を患うことになります。

 

 

 

現に世の中の8割の病気のほとんどは、この自律神経の乱れによって
発症していると言われているくらいです。

 

 

 

バランスが崩れると、汗をかかなくなったり、皮膚疾患が出たり、
血管が収縮するなどで様々な病気にかかってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

なぜなら特に自律神経は血管も扱っているので、
栄養を運ぶための重要な役割を間接的に担っているからです。

 

 

 

もしストレスなどで自律神経のバランスが崩れ、
血管が収縮して栄養が行き渡りづらくなり、

 

 

 

免疫力低下などであらゆる刺激に体が敏感に反応するようになったら、
温熱蕁麻疹も時間の問題です。

 

 

 

この自律神経を治療してバランスを戻せば、体のあらゆる面が回復し、
健康な状態を維持し続け、快適な生活が送れるようになります。
温熱蕁麻疹の根本対策にもつながることでしょう。

 

 

 

そこで、僕個人が試してみて実際に効果があった、
自律神経治療の方法を紹介したいと思います。

 

 

 

 

自律神経を整えて温熱蕁麻疹を治療する4つの方法!

 

 

温熱蕁麻疹と深く関係がある自律神経ですが、
温熱蕁麻疹だけでなく、蕁麻疹全般に深く関わっています。

 

 

 

ここをうまく治療できるかどうかで、早期治癒につながるかどうかが
かかっていると言っても過言ではありません。

 

 

 

 

 

 

 

そこで重要な自律神経の治療に有効だと僕の経験から
感じた方法は以下の4つの方法です。

 

 

 

  • 冷暖房を控える。
  • とにかく汗をかく。
  • 人工甘味料を避ける。
  • 高カロリーで体に悪い食事を避ける。

 

 

 

それでは順番ずつ解説していきます。

 

 

 

冷暖房を控える。

 

 

 

 

 

 

 

当たり前ですが、冷房や暖房に頼ってばかりだと、どんどん体の
免疫力は低下し、虚弱な体になってしまいます。

 

 

 

冷房を使いすぎて夏バテするのがいい例ですが、
特に冷房は体を冷やしすぎて、後の冷え症の原因になります。

 

 

 

そして冷え性になることでより免疫力が低下し、
今まで感じなかった温熱などの刺激に敏感に反応するようになります。

 

 

 

全く使うなとは言いませんが、本気で治すのならせめて夏場は、
冷房は家で一切使わないこと!

 

 

 

これだけでも相当効果があります。
夏場に冷房を使わないと自然と汗もかきますから、
体の不純物排出で免疫力向上にもつながります。

 

 

 

とにかく汗をかく。

 

 

 

 

 

 

 

汗をかけば、汗腺や体内に溜まった不純物や
毒素を排出することができます。

 

 

 

また、ランニングもいいですが、
半身浴などでデトックス効果を使った発汗促進はより効果的です。

 

 

 

コリン性蕁麻疹にはこの方法は有効でしたが、
運動して汗をかくことで、血行をよくするとともに
温熱蕁麻疹の原因である冷え症対策にもなります。

 

 

 

1週間に2回から1回でもいいので、夜にランニングやジョギングに
出かけることをオススメします。

 

 

 

人工甘味料を避ける。

 

 

 

 

 

 

 

人工甘味料は添加物として、体内の消化酵素を無駄遣いし、
代謝を下げてしまいます。

 

 

 

代謝が下がると自ずと体温が低下し、冷え症を悪化させてしまいます。
これが免疫力低下とともに、温熱蕁麻疹にもつながる危険があります。

 

 

 

高カロリーで体に悪い食事を避ける。

 

 

 

 

 

 

 

食事は健康の基本ですが、ラーメンやコンビニ食などの
アンバランスな食生活を続けていると、免疫力の低下につながり、
栄養不足になってさらにそれが加速します。

 

 

 

味噌汁・魚・野菜・ご飯などといったバランスのいい食生活を
心がけることで、新陳代謝なども改善し、便通も良くなって
体の悪いところを排出し、新しい健康な体へと変わることができます。

 

 

 

もうね、自律神経を整えて体質レベルから改善したいなら
これ以上有効な方法はないと思います。

 

 

 

自然治癒を目指すなら、間違いなくこの4つ!!

 

 

 

特に汗をかいたり、人工甘味料を避けることは
非常に重要です。いや、甘味料だけでなくて食事全般かな。

 

 

 

汗で体に溜まった毒素を排出し、体に悪いものを取り込まず、
便や尿、汗などで溜まったものを徹底的に出し切ります。
すると、自然と体が軽くなって蕁麻疹が軽減していきます。

 

 

 

僕の場合、コリン性蕁麻疹と温熱蕁麻疹の両方を患っていますが、
コリン性蕁麻疹の場合は汗をかく行為がめっちゃ効きました。

 

 

 

汗をかいたら蕁麻疹が出るし、非常に辛い荒治療ですが、
体が慣れてくるとともに、不純物が出ていくのが感じられ、
続けていくと本当に健康になっていきました。

 

 

 

ぜひあなたも試してみてください。

 

 

温熱蕁麻疹を改善したいなら?!

僕自身、色々な方法を試しましたが、やはり熱に徐々に体を慣らしていく 減感作療法が一番効果を発揮しました。



その方法を実践する場所はお風呂場になるのですが、 あまりに熱いお湯にいきなり浸かると、蕁麻疹の痛かゆい症状で ストレスになりますし、なによりショック症状が出る恐れがあります。



もしお風呂場でショック症状が起こりでもしたら、 浴槽でおぼれるかもしれませんし、そのまま倒れて 頭を強く打って致命傷になるかもしれません。



そんなことを避けるためにも、はじめは蕁麻疹が出るか出ないかくらいの きわどい温度で慣らしていく必要があります。



でも、それでも温熱蕁麻疹患者にとってはつらい治療になることは必須!



なんせ蕁麻疹になるような状況をあえて作ってそこに飛び込むわけですから、 もうあの蕁麻疹のかゆさやチクチク感に堪えるあのさまはまさに苦行!



温熱蕁麻疹になるような人はただでさえ肌が敏感に反応してしまいますから、 お風呂の温度を下げて入るとしても、肌を守る対策を採らなくてはいけません。



そこでおススメなのが、『みんなの肌潤風呂』です!







この入浴剤は、お風呂に入れるだけで肌を刺激する塩素を除去し、 保湿効果をもたらしてお風呂の温熱刺激から守ってくれます。



しかも、お風呂から上がった後の乾燥しがちな肌もバリアし、 敏感になりがちな風呂上りの肌を温熱刺激から守ってくれるのです。



アトピー肌や赤ちゃんでも使えるので、肌が弱くて温熱蕁麻疹が怖くて お風呂に入れないという方におススメの商品です。



実際に僕も購入して試してみたので、 詳しく見てみたい方は、以下の実践レビューをどうそ!








ホーム RSS購読 サイトマップ