温熱蕁麻疹と自律神経の関係性

温熱蕁麻疹と自律神経の関係性

温熱蕁麻疹と自律神経の関係性

温熱蕁麻疹などのような蕁麻疹の病気は、
少し蕁麻疹に詳しくなってくると自律神経の乱れが
原因だと考える人がいます。

 

 

 

この考え自体は悪くないのですが、もう少し掘り下げましょう。

 

 

 

まず、そもそもどういった場面で自律神経が乱れるのかを考えてください。

 

 

 

まず自律神経には、主に副交感神経と交感神経の2種類に分けられ、
どちらかに偏ることで自律神経が乱れます。

 

 

 

特に蕁麻疹などの皮膚疾患を患いやすいのは、
交感神経が活発になって偏ってしまったケースです。

 

 

 

 

 

 

 

実は自律神経と蕁麻疹の関係性は、医学的にはまだまだ
解明されていないところが多いのですが、私の経験上、
間違いなく自律神経と蕁麻疹は関係性があります。

 

 

 

コリン性蕁麻疹がいい例ですが、精神的緊張にさらされたり、
冷や汗をかいたりしたときなどに起こるのは、
自律神経のバランスが崩れているからです。

 

 

 

温熱蕁麻疹の場合は精神的緊張などが
直接関わってくるというわけではありませんが、

 

 

 

冷え症などを引き起こし、それがもとで蕁麻疹が起こるという点では
間接的に温熱蕁麻疹と自律神経の乱れは関係しています。

 

 

 

自律神経の乱れの元々の原因はストレスだとされ、
ストレスが溜まると自律神経が乱れ、血管などが収縮して
冷え症などを引き起こし、温熱蕁麻疹などを発症させてしまいます。

 

 

 

ストレスによって自律神経が乱れ、免疫力が下がることで
皮膚疾患に陥りやすくなるだけでなく、ストレスで血管が収縮することで
冷え症を患い、より事態を悪化させてしまいます。

 

 

 

これが温熱蕁麻疹が自律神経の乱れによって発症するまでの
大まかな流れになります。

 

 

 

 

ストレスは温熱蕁麻疹の大敵!

 

 

基本的にストレスは、蕁麻疹に関係するものの
ほとんどに関係してきます。

 

 

 

ストレス過多になると、少し体が弱い人になれば
すぐに蕁麻疹を発症することも少なくありません。

 

 

 

ストレスは自律神経にも働きかけ、血管の動きを
つかさどる自律神経のバランスを崩し、血管を収縮させて
血行不良を起こし、冷え症など免疫力を下げる病気にかかってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

ここまでの流れが、冷え症による温熱蕁麻疹につながっているのです。

 

 

 

冷え症が温熱蕁麻疹の原因になる理由を知りたい方は、
以下の記事をご覧下さい。

 

 

 

冷え症が温熱蕁麻疹の原因になる理由とは?

 

 

 

ストレスのような精神的に攻めてくるタイプのものは
本当に厄介で、避けようにも脳が勝手に受け入れるので
対策が非常に難しいのです。

 

 

 

すとれすを気にしない体を持てるノウハウがあればいいんですが、
そんなんがあったら苦労しませんよね・・・。

 

 

 

 

 

 

 

ストレスは勝手に溜まって蓄積されていくので、
個人差はあれども限界に来たら体がすぐに症状を出します。
病は気からなんて言いますが、本当にそうですね。

 

 

 

現れる症状は、人によって様々なので、
その時その時の対処が違うのがまた厄介。

 

 

 

精神的なストレスは、身も心も蝕み、
温熱蕁麻疹のような思いもしない病気にかかったりします。

 

 

 

そうなってくると、自律神経とストレスの対策が、
温熱蕁麻疹に重要だということがわかってきました。

 

 

 

以下の記事にて、自律神経の乱れを防ぐためのコツを
紹介しています。よかったらご覧下さい。

 

 

 

自律神経を治療して温熱蕁麻疹対策! 

 

 

 

温熱蕁麻疹を改善したいなら?!

僕自身、色々な方法を試しましたが、やはり熱に徐々に体を慣らしていく 減感作療法が一番効果を発揮しました。



その方法を実践する場所はお風呂場になるのですが、 あまりに熱いお湯にいきなり浸かると、蕁麻疹の痛かゆい症状で ストレスになりますし、なによりショック症状が出る恐れがあります。



もしお風呂場でショック症状が起こりでもしたら、 浴槽でおぼれるかもしれませんし、そのまま倒れて 頭を強く打って致命傷になるかもしれません。



そんなことを避けるためにも、はじめは蕁麻疹が出るか出ないかくらいの きわどい温度で慣らしていく必要があります。



でも、それでも温熱蕁麻疹患者にとってはつらい治療になることは必須!



なんせ蕁麻疹になるような状況をあえて作ってそこに飛び込むわけですから、 もうあの蕁麻疹のかゆさやチクチク感に堪えるあのさまはまさに苦行!



温熱蕁麻疹になるような人はただでさえ肌が敏感に反応してしまいますから、 お風呂の温度を下げて入るとしても、肌を守る対策を採らなくてはいけません。



そこでおススメなのが、『みんなの肌潤風呂』です!







この入浴剤は、お風呂に入れるだけで肌を刺激する塩素を除去し、 保湿効果をもたらしてお風呂の温熱刺激から守ってくれます。



しかも、お風呂から上がった後の乾燥しがちな肌もバリアし、 敏感になりがちな風呂上りの肌を温熱刺激から守ってくれるのです。



アトピー肌や赤ちゃんでも使えるので、肌が弱くて温熱蕁麻疹が怖くて お風呂に入れないという方におススメの商品です。



実際に僕も購入して試してみたので、 詳しく見てみたい方は、以下の実践レビューをどうそ!








ホーム RSS購読 サイトマップ