冷房病対策で冷え症と温熱蕁麻疹改善!

冷房病対策で冷え症と温熱蕁麻疹改善!

冷房病対策で冷え症と温熱蕁麻疹改善!

温熱蕁麻疹の原因である冷え症ですが、
実はあなたが過ごす何気ない夏の季節に
悪化する恐れがあります。

 

 

 

温熱蕁麻疹と冷え症の関係性がわからないという方は
以下の記事をどうぞ。

 

 

 

冷え症が温熱蕁麻疹の原因になる理由とは?

 

 

 

夏場に冷え症が悪化するとはどういうことかというと、
いわずもがな、冷房という存在を忘れてはいけません。

 

 

 

 

 

 

 

ついついつけすぎになりがちな冷房ですが、
あなたの冷え症と温熱蕁麻疹を助長させている恐れがあります。

 

 

 

 

冷房による冷えが進むとどうなるのか?

 

 

冷房による冷えが進むと、
手足の冷えをはじめとし、以下のような症状が
出始めます。いわゆる『冷房病』の症状ってやつです。

 

 

 

【冷房病の症状】

  • 手足の冷え
  • 全身のだるさ
  • 疲れやすさ
  • 食欲不振
  • 下痢
  • イライラ感
  • 肩こり
  • 腰痛
  • 肌荒れ
  • 鼻水や喉の痛み
  • 頭痛

 

 

 

こういった症状が出始め、
一部は風邪の症状とも見て取れるものが含まれます。

 

 

 

男性でも冷え症の方は増えてきていて、
オフィスでは夏であるにもかかわらず
上着を着ている方が見受けられます。

 

 

 

こんな肌寒い環境に長時間居続けると、
体は大きなストレスを抱え始め、
自律神経系にダメージがいきます。

 

 

 

 

 

 

 

すると、本来暑い季節なら副交感神経が活発になり、
血管を拡張させて体内の熱を外に出そうとするのですが、
エアコンで冷えると交感神経が働いて血管を収縮させます。

 

 

 

そうなれば、自律神経がダメージを受け、いずれは体温調節が
うまくできないカラダになってしまいます。

 

 

 

健康な人だとエアコンが効いた部屋にいても外に出たら発汗しますが、
冷房病にかかってしまうと体が中々暖まらず、汗もかきにくくなります。

 

 

 

汗をかかないと乳酸などの疲労物質がたまり、
全身のだるさや疲れやすさ、夏バテの原因にもなります。

 

 

 

 

 

 

 

こうした状況が続くと、当然体の免疫力は落ちますから、
いつもは大丈夫だった温熱にも過敏に反応するよになり、
温熱蕁麻疹を発症するようになってしまうというわけです。

 

 

 

また、エアコンなどで汗をかくべき時期にかかないでいると、
コリン性蕁麻疹などの非常に辛い蕁麻疹を患うこともあります。

 

 

 

正直って温熱蕁麻疹よりも辛いので、
エアコンのつけすぎは本当に厳禁です!

 

 

 

 

冷房病を予防して温熱蕁麻疹対策!

 

 

冷房病を予防することで、冷え症を根本から解消し、
温熱蕁麻疹の改善にもつながります。

 

 

 

夏の汗をかくべき時期にしっかりかいておくことで、
健康な体を維持し、快適な日々を過ごせるようになるのです。

 

 

 

 

 

 

 

冷房病の予防策としては以下の3つがオススメです!

 

 

 

  • 温かいものを食べる。
  • 腹巻やネックウォーマーを使う。
  • 運動や入浴で血流改善。

 

 

 

それでは順番ずつ解説しましょう!

 

 

 

温かいものを食べる。

 

 

 

 

 

 

 

エアコンの効いた場所では、冷たいものではなく
なるべく温かいものを食べるようにしましょう。

 

 

 

例えば、玉ねぎや生姜、ネギ、にんにくなどの
香味野菜です。

 

 

 

唐辛子やコショウなどの香辛料も有効ですが、
刺激が強すぎるため苦手な方は前者で補いましょう。

 

 

 

ただ注意として、もしあなたがコリン性蕁麻疹にかかっている場合、
唐辛子などのカプサイシンが含まれた食べ物は、
症状を悪化させますのでやめましょう。

 

 

 

腹巻やネックウォーマーを使う。

 

 

 

 

 

 

 

冷えから胃腸の障害を起こすことが多いので、
腹巻で腹部を温めると全身の温度も上昇します。

 

 

 

エアコンの冷気が溜まりやすい足元には、
厚手の靴下やハイソックスを利用したり、
ズボンの下にレッグウォーマーをつけるといいでしょう。

 

 

 

運動や入浴で血流改善。

 

 

 

 

 

 

 

週に1回でもいいので、運動する機会をもうけましょう。
体の筋肉が衰えると、代謝が悪くなり、冷え症などにもつながります。
歩いたり運動することで体を温めましょう。

 

 

 

入浴時は、熱すぎない温度で入り、
ゆっくり浸かれる環境にしましょう。

 

 

 

参考にしてください。(^^)v

 

 

 

温熱蕁麻疹を改善したいなら?!

僕自身、色々な方法を試しましたが、やはり熱に徐々に体を慣らしていく 減感作療法が一番効果を発揮しました。



その方法を実践する場所はお風呂場になるのですが、 あまりに熱いお湯にいきなり浸かると、蕁麻疹の痛かゆい症状で ストレスになりますし、なによりショック症状が出る恐れがあります。



もしお風呂場でショック症状が起こりでもしたら、 浴槽でおぼれるかもしれませんし、そのまま倒れて 頭を強く打って致命傷になるかもしれません。



そんなことを避けるためにも、はじめは蕁麻疹が出るか出ないかくらいの きわどい温度で慣らしていく必要があります。



でも、それでも温熱蕁麻疹患者にとってはつらい治療になることは必須!



なんせ蕁麻疹になるような状況をあえて作ってそこに飛び込むわけですから、 もうあの蕁麻疹のかゆさやチクチク感に堪えるあのさまはまさに苦行!



温熱蕁麻疹になるような人はただでさえ肌が敏感に反応してしまいますから、 お風呂の温度を下げて入るとしても、肌を守る対策を採らなくてはいけません。



そこでおススメなのが、『みんなの肌潤風呂』です!







この入浴剤は、お風呂に入れるだけで肌を刺激する塩素を除去し、 保湿効果をもたらしてお風呂の温熱刺激から守ってくれます。



しかも、お風呂から上がった後の乾燥しがちな肌もバリアし、 敏感になりがちな風呂上りの肌を温熱刺激から守ってくれるのです。



アトピー肌や赤ちゃんでも使えるので、肌が弱くて温熱蕁麻疹が怖くて お風呂に入れないという方におススメの商品です。



実際に僕も購入して試してみたので、 詳しく見てみたい方は、以下の実践レビューをどうそ!








ホーム RSS購読 サイトマップ