温熱蕁麻疹になりやすい人とは?

温熱蕁麻疹になりやすい人の特徴は?

温熱蕁麻疹になりやすい人の特徴は?

温熱蕁麻疹は、正直言って突発的に出るパターンも
少なくなく、今までは問題なくてもある日突然、急に発症したりします。

 

 

 

そんな特性も持っているためか、どんな人が温熱蕁麻疹に
なりやすいのかわからないことが多いんですよね・・・。

 

 

 

 

 

 

 

そこで、温熱蕁麻疹がどんな人にかかりやすいのか、
自分なりに考えてみたところ、以下のパターンに当てはまる方に
多いのではないかと考えるようになりました。

 

 

 

  1. 寒がりで厚着したがる方。
  2. ストレスに弱い方。
  3. 肌が敏感な方。
  4. 乾燥肌な方。
  5. 血行が悪い方
  6. 暖房のつけすぎな方。

 

 

 

大体この6つのパターンに分かれると考えています。

 

 

 

特に注意が必要なのが1番目、2番目と4番目と6番目!

 

 

 

 

 

 

 

【要注意!】

  • 寒がりで厚着したがる方。
  • ストレスに弱い方。
  • 乾燥肌な方。
  • 暖房のつけすぎな方。

 

 

 

この3つのパターンに当てはまる方は特に危険です。

 

 

 

寒がりで厚着したがる方。

 

 

 

寒がりで厚着をしたがる方は、やはり温熱蕁麻疹患者の中でも
割合は非常に多いです。

 

 

 

そもそも寒がりというのは、冷え性とほぼ同義。
免疫力低下や貧血などが原因になります。

 

 

 

免疫力の低下は、食べ物の偏りはもちろんですが、
運動不足などによっても引き起こされます。
社会人になると運動する機会も減るので厳しいですよね。

 

 

 

免疫力が低下したりすると、今までは大丈夫だったものでも
過剰に反応が出るようになったりします。

 

 

 

 

 

 

 

それこそ、秋や冬の時期にガンガンにかけていた暖房や、
過剰な厚着は、今までは大丈夫だったのに免疫力が下がることで、
体が反応して温熱じんましんなどの症状を引き起こしてしまうのです。

 

 

 

寒いかもしれませんが、なるべく過剰な厚着は避けて、運動したり
偏食を改善するなどして体質改善を試みていく必要があります。

 

 

 

ストレスに弱い方。

 

 

 

ストレスに弱い方は、温熱蕁麻疹に限らず、
蕁麻疹全般にかかりやすい体質です。

 

 

 

ストレス性の蕁麻疹はもちろんですが、
コリン性蕁麻疹や帯状疱疹といった病気も、
ストレスから発症するケースが非常に多いです。

 

 

 

 

 

 

 

よくあるケースが、職場のストレスで発症するなどですが、
温熱蕁麻疹も、積み重なったストレスと免疫力低下といった
要因が重なって起こったりします。

 

 

 

ストレス過剰になると、免疫力も低下しますし過敏になりますから、
神経レベルで不安定な状態になり、デリケートな皮膚になりやすくなります。
このデリケートな状態が、温熱蕁麻疹などを引き起こすというわけです。

 

 

 

乾燥肌な方。

 

 

 

乾燥肌は当然、皮膚のバリア機能を低下させるものであり、
バリア機能を失った皮膚は刺激を受けやすいため、
温熱による蕁麻疹が出やすくなります。

 

 

 

乾燥肌は特に、お風呂で体を洗ったあとなどに、
起こりやすいですから、しっかりと保湿を行う必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

特に女性の場合は、皮膚が繊細なことが多いので、
入念に入浴後のケアは忘れないようにしましょう。

 

 

 

もし、入浴後のケアが面倒だという方は、
当サイトで紹介している『みんなの肌潤風呂』という商品が
オススメです。

 

 

 

入浴と同時に乾燥している肌などをケアして、
保湿してくれますから、わざわざ温熱じんましんが出やすい部位に
保湿クリームを塗る必要はありません。

 

 

 

気になる方はぜひレビューを読んでみてください。
実際に使って試してみました!

 

 

 

温熱蕁麻疹改善?!みんなの肌潤風呂の実践レビュー! 

 

 

 

暖房のつけすぎな方。

 

 

 

普段から秋や冬の時期に暖房をつけすぎている方は、
皮膚の体温調整機能や免疫力が落ちて、暖房の熱に
過敏に反応するようになってしまうことがあります。

 

 

 

 

 

 

 

僕たちの体は、皮膚も含めて元々温度調整されるように
作られていますが、

 

 

 

その温度調整をしなくても勝手に室内の温度を暖かくすることを繰り返していたら、
その機能がどんどん衰えていき、しまいには暖房の熱でアレルギー反応が出ることに
なります。

 

 

 

寒いのはわかりますが、人間本来が持つ体温調節機能を活かせば、
そこまで暖房がなくても日本ならある程度であれば耐えることができます。

 

 

 

これもいわゆる、免疫力の低下と似たようなところかもしれませんが、
楽に走るとたいていろくなことになりませんので、ある程度は暖房を我慢して、
体の体温調節を活かして自然な生活を心がけましょう。

 

 

 

温熱蕁麻疹を改善したいなら?!

僕自身、色々な方法を試しましたが、やはり熱に徐々に体を慣らしていく 減感作療法が一番効果を発揮しました。



その方法を実践する場所はお風呂場になるのですが、 あまりに熱いお湯にいきなり浸かると、蕁麻疹の痛かゆい症状で ストレスになりますし、なによりショック症状が出る恐れがあります。



もしお風呂場でショック症状が起こりでもしたら、 浴槽でおぼれるかもしれませんし、そのまま倒れて 頭を強く打って致命傷になるかもしれません。



そんなことを避けるためにも、はじめは蕁麻疹が出るか出ないかくらいの きわどい温度で慣らしていく必要があります。



でも、それでも温熱蕁麻疹患者にとってはつらい治療になることは必須!



なんせ蕁麻疹になるような状況をあえて作ってそこに飛び込むわけですから、 もうあの蕁麻疹のかゆさやチクチク感に堪えるあのさまはまさに苦行!



温熱蕁麻疹になるような人はただでさえ肌が敏感に反応してしまいますから、 お風呂の温度を下げて入るとしても、肌を守る対策を採らなくてはいけません。



そこでおススメなのが、『みんなの肌潤風呂』です!







この入浴剤は、お風呂に入れるだけで肌を刺激する塩素を除去し、 保湿効果をもたらしてお風呂の温熱刺激から守ってくれます。



しかも、お風呂から上がった後の乾燥しがちな肌もバリアし、 敏感になりがちな風呂上りの肌を温熱刺激から守ってくれるのです。



アトピー肌や赤ちゃんでも使えるので、肌が弱くて温熱蕁麻疹が怖くて お風呂に入れないという方におススメの商品です。



実際に僕も購入して試してみたので、 詳しく見てみたい方は、以下の実践レビューをどうそ!








ホーム RSS購読 サイトマップ