あなたの冷え症度チェック!

あなたの冷え症度チェック!あなたの体は大丈夫?

次の8項目であなたの冷え症度チェック!

どうも!当サイト管理人です。
僕自身温熱蕁麻疹持ちですが、
冷え症が温熱蕁麻疹の原因だなんて目からウロコでした。

 

 

 

調べてみたところ、以下の8項目のうち4つ以上当てはまった場合、
あなたは冷え症である可能性が高いとのことなので、
一度チェックしてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

  1. 他の人に比べて寒がり。
  2. 気温の低下に敏感。
  3. 冬は手足が冷えて寝つきが悪い。
  4. 冬は冷えを感じて目が覚めることがある。
  5. 冷えて手足の指先の血色が悪くなる。
  6. 手足が冷たいとよく言われる。
  7. 快適と感じるはずの冷房の温度でも寒い。
  8. 冷えるので夏でも素足は無理!

 

 

 

いかがでしょう?
あなたはいくつ当てはまりましたか?

 

 

 

かなり簡易的なチェックではありますが、
めっちゃ的を射たチェックリストだと思います。

 

 

 

正直言って3つでも冷え症を疑ってもいいかもしれません。

 

 

 

6つ目に当てはまる方は冷え症の可能性アリ!

 

 

 

4つ以上当てはまったら冷え症を疑ったほうがいいと言いましたが、
実は1つだけしか当てはまっていなくても、気をつけて欲しい項目があります。

 

 

 

気をつけて欲しいのは、
6つ目の「手足が冷たいとよく言われる」の項目です。

 

 

 

冷え症にも色々なタイプがありますが、
その中に無自覚だけど冷え症であるというタイプがあります。

 

 

 

自分では冷え症だと自覚していないけど、
傍から見たら冷え症だというケース。

 

 

 

 

 

 

 

他の項目は当てはまっていなくても、
6つ目に当てはまっている方はどなたでも気をつけたほうがいいかもしれません。

 

 

 

このタイプに当てはまり、なおかつ温熱蕁麻疹で悩んでいる場合、
「私は冷え症じゃないのになんで温熱蕁麻疹なの?!」ってなると思います。

 

 

 

でも、実はあなたが気がついていないだけで、実は冷え症になっていて、
それが原因で温熱蕁麻疹を引き起こしているかもしれません。

 

 

 

絶対に冷え症だとは言えませんが、
あまりにも周りから指摘されるのであれば、
一度医者に診てもらったほうがいいかもしれませんね。( ̄▽ ̄;)

 

 

 

冷え症を改善して、温熱蕁麻疹に負けない強い免疫力を持ち、
温熱に当たっても蕁麻疹が出ない強い体を作りましょう!

 

 

 

もし冷え症の疑いがあって現在温熱蕁麻疹に悩んでいる方は、
以下の記事を読んでより冷えと温熱蕁麻疹との関係を理解しましょう。

 

 

 

冷え症が温熱蕁麻疹の原因になる理由とは?

 

 

 

冷え症の概要についてはこちら!

 

 

 

温熱蕁麻疹を悪化させる冷え症とは?

 

 

 

温熱蕁麻疹を改善したいなら?!

僕自身、色々な方法を試しましたが、やはり熱に徐々に体を慣らしていく 減感作療法が一番効果を発揮しました。



その方法を実践する場所はお風呂場になるのですが、 あまりに熱いお湯にいきなり浸かると、蕁麻疹の痛かゆい症状で ストレスになりますし、なによりショック症状が出る恐れがあります。



もしお風呂場でショック症状が起こりでもしたら、 浴槽でおぼれるかもしれませんし、そのまま倒れて 頭を強く打って致命傷になるかもしれません。



そんなことを避けるためにも、はじめは蕁麻疹が出るか出ないかくらいの きわどい温度で慣らしていく必要があります。



でも、それでも温熱蕁麻疹患者にとってはつらい治療になることは必須!



なんせ蕁麻疹になるような状況をあえて作ってそこに飛び込むわけですから、 もうあの蕁麻疹のかゆさやチクチク感に堪えるあのさまはまさに苦行!



温熱蕁麻疹になるような人はただでさえ肌が敏感に反応してしまいますから、 お風呂の温度を下げて入るとしても、肌を守る対策を採らなくてはいけません。



そこでおススメなのが、『みんなの肌潤風呂』です!







この入浴剤は、お風呂に入れるだけで肌を刺激する塩素を除去し、 保湿効果をもたらしてお風呂の温熱刺激から守ってくれます。



しかも、お風呂から上がった後の乾燥しがちな肌もバリアし、 敏感になりがちな風呂上りの肌を温熱刺激から守ってくれるのです。



アトピー肌や赤ちゃんでも使えるので、肌が弱くて温熱蕁麻疹が怖くて お風呂に入れないという方におススメの商品です。



実際に僕も購入して試してみたので、 詳しく見てみたい方は、以下の実践レビューをどうそ!








ホーム RSS購読 サイトマップ