温熱蕁麻疹を悪化させる冷え症とは?

温熱蕁麻疹を悪化させる冷え症とは?

温熱蕁麻疹を悪化させる冷え症とは?

冷え症は、女性に特に多い疾患の一つで、
生活習慣が原因となっていることが多いです。

 

 

 

治療方法として漢方薬や食事、運動、リラクゼーションなど
様々な角度から生活習慣を改善するための方法が
編み出され、世間に公開されています。

 

 

 

そんな冷え症が、温熱蕁麻疹を悪化させたり、
引き起こす原因になっていることをご存知でしょうか?

 

 

 

もし知らないという方は以下の記事を参考に。

 

 

 

冷え症が温熱蕁麻疹の原因になる理由とは?

 

 

 

さてさて、冷え症についてですが、
一般的に「人が寒さを感じない程度の温度環境下で寒さをかんじるもの」
という認識がなされています。

 

 

 

冷えを自覚する部位の皮膚の温度が明らかに他の
部位と比べて低い人がいる一方で、

 

 

 

自覚的冷えの苦痛苦痛があってもその部位の
皮膚温度低下が認められない人、

 

 

 

もしくは部分的に皮膚温度低下があっても冷えの自覚がない
人だっています。

 

 

 

本当に人によって症状は様々。

 

 

 

一応西洋医学的には甲状腺機能低下症・膠原病・心疾患・
動静脈疾患・糖尿病など冷えの原因となる基礎疾患がなく、
自覚症状のみの場合は「冷え症」ではなく「冷え性」と診断されます。

 

 

 

つまり、上記の基礎疾患がある上で冷えを感じていなければ、
西洋的には冷え症と診てはくれないというわけです。

 

 

 

逆に漢方医学では、「冷え」を「未病」の代表的な症状とし、
そのまま放っておくと他の病気になってしまうという考えのもと、
疾患予備軍として積極的に治療を行う対象とし、「冷え症」とします。

 

 

 

冷え症の主な症状とは?

 

 

 

冷え症の症状としては以下のようなものがあります。

 

 

 

【冷え症の症状一覧】

  • 手足の慢性的な痛み。
  • 冷房が苦手。
  • 温熱器具が手放せない。
  • 湯冷めしやすい。
  • 風邪をひきやすい。
  • とにかく冷える。
  • 頭痛
  • 肩こり
  • 腹痛
  • 腰痛
  • 月経痛
  • 便秘
  • 頻尿
  • 易疲労感
  • ほてり
  • 多汗
  • イライラ

 

 

 

冷え症と温熱蕁麻疹が重なると、
寒いから暖房器具を使いたいけど、
蕁麻疹が辛くて使えないといった板挟み状態になります。

 

 

 

まさにストレス地獄です。
寒いから温めたいけどそれもできず、
一向に冷え地獄から脱出できません。( ̄▽ ̄;)

 

 

 

でも、そんな冷え症はあなたの免疫力をどんどん蝕んでいきます。
風邪をひきやすいというのが何よりの証拠で、免疫力が低下すると
温熱蕁麻疹のような皮膚疾患になりやすいのです。

 

 

 

免疫力が低下することで今まではなんともなかった温熱に、
体が異常に反応するようになってアレルギー反応が出てしまうように
なるというわけです。

 

 

 

これが、冷え症が温熱蕁麻疹を引き起こすまでの
一連の流れなわけですが、冷え症がどういったものか、
わかっていただけたでしょうか?

 

 

 

 

冷え症が増える7つの原因とは?

 

 

冷え症が近年になりどんどん増えている原因としては、
以下のようなものが挙げられます。

 

 

 

  1. 冷たい飲み物・食べ物
  2. 冷暖房
  3. 夜型ライフスタイル
  4. 過剰なダイエット
  5. 食欲不振
  6. 運動不足
  7. ストレス

 

 

 

以上の7つが、冷え症の大きな原因となります。
特に気をつけたいのは冷暖房と冷たい飲食物、運動不足ですね。

 

 

 

実はここ最近の日本人の人間として快適に感じる温度が3°C低下しているという
話を聞きました。

 

 

 

冷暖房の充実で1年中温度変化の少ない室内で長時間過ごすことなどから、
耐寒性が低下してきていると言われています。

 

 

 

その証拠に、あなたの周りでも夏であるにもかかわらず
冷えを訴える人はいませんか?

 

 

 

暑い夏なのに冬並みに寒さを感じやすくなってしまっている人が
一定数存在するはずです。

 

 

 

今まで意識していなかったかもしれませんが、
昔に比べてかなり増えていることに驚くでしょう。

 

 

 

しかも、冷暖房の充実に加えて、冷たい飲食物も充実していますから、
さらに耐寒性が低下していきます。

 

 

 

耐寒性が下がることで体が寒さにやられてどんどん免疫力が低下し、
温熱蕁麻疹などのアレルギー疾患を引き起こしてしまうのです。

 

 

 

 

 

冷え症を改善して温熱蕁麻疹治療!

 

 

冷え症は慢性化しやすく、しつこい疾患ではありますが、
地道に努力すれば必ず治る病気です。

 

 

 

まず西洋医学的には、以下の方法が進められています。

 

 

 

  • 甲状腺ホルモン製剤の使用。
  • 自律神経調節剤の使用。
  • ビタミンE製剤の使用。
  • プロスタグランジン誘導体
  • 血管収縮抑制剤の使用。

 

 

 

他の治療では以下のような方法があります。

 

 

 

  • アロマテラピー
  • 漢方薬
  • マッサージ
  • 灸治療
  • 鍼治療
  • 腹部の保温
  • 運動(スポーツなど)

 

 

 

とにかく衰えた体の機能をスポーツで鍛えたり、
鍼や灸、マッサージなどで気の通りをよくしたり、
アロマテラピーで血管を収縮させるストレスを改善したりするのが重要。

 

 

 

漢方薬については、体質レベルからの改善が可能なので、
時間はかかっても根本から治療したいという方はオススメ!

 

 

 

参考までに温熱蕁麻疹の原因である冷え症を治す
漢方薬を以下の記事で紹介していますのでよければどうぞ!

 

 

 

温熱蕁麻疹の原因である冷え症に効く漢方とは? 

 

 

 

以上を参考に、冷え症が原因で温熱蕁麻疹に悩んでいる方は
治療を行っていきましょう!

 

 

 

温熱蕁麻疹を改善したいなら?!

僕自身、色々な方法を試しましたが、やはり熱に徐々に体を慣らしていく 減感作療法が一番効果を発揮しました。



その方法を実践する場所はお風呂場になるのですが、 あまりに熱いお湯にいきなり浸かると、蕁麻疹の痛かゆい症状で ストレスになりますし、なによりショック症状が出る恐れがあります。



もしお風呂場でショック症状が起こりでもしたら、 浴槽でおぼれるかもしれませんし、そのまま倒れて 頭を強く打って致命傷になるかもしれません。



そんなことを避けるためにも、はじめは蕁麻疹が出るか出ないかくらいの きわどい温度で慣らしていく必要があります。



でも、それでも温熱蕁麻疹患者にとってはつらい治療になることは必須!



なんせ蕁麻疹になるような状況をあえて作ってそこに飛び込むわけですから、 もうあの蕁麻疹のかゆさやチクチク感に堪えるあのさまはまさに苦行!



温熱蕁麻疹になるような人はただでさえ肌が敏感に反応してしまいますから、 お風呂の温度を下げて入るとしても、肌を守る対策を採らなくてはいけません。



そこでおススメなのが、『みんなの肌潤風呂』です!







この入浴剤は、お風呂に入れるだけで肌を刺激する塩素を除去し、 保湿効果をもたらしてお風呂の温熱刺激から守ってくれます。



しかも、お風呂から上がった後の乾燥しがちな肌もバリアし、 敏感になりがちな風呂上りの肌を温熱刺激から守ってくれるのです。



アトピー肌や赤ちゃんでも使えるので、肌が弱くて温熱蕁麻疹が怖くて お風呂に入れないという方におススメの商品です。



実際に僕も購入して試してみたので、 詳しく見てみたい方は、以下の実践レビューをどうそ!








ホーム RSS購読 サイトマップ