冷え症が温熱蕁麻疹の原因になる理由

冷え症が温熱蕁麻疹の原因になる理由とは?

冷え症が温熱蕁麻疹の原因になるのは免疫力低下?

Yahoo知恵袋などで温熱蕁麻疹について検索していると、
冷え症が原因で悪化するという話を聞いたことがあります。

 

 

 

僕自身は冷え症でもないのに温熱蕁麻疹ですが、
本当に冷え症が原因で温熱蕁麻疹が発症するのかを
考えてみました。

 

 

 

そこで一つ、冷え症が温熱蕁麻疹の原因になる理由として
思い浮かんだのが、免疫力の低下という点でした。

 

 

 

 

 

 

 

確かに冷え症になると体の免疫力が低下し、
今まではなんともなかったものに対してアレルギー反応を
引き起こすことも少なくありません。

 

 

 

何に対してアレルギー反応を示すのかは人によりますが、
その中で温熱に過敏に反応してしまい、温熱蕁麻疹を
発症してしまうケースがあるのではないかと思ったのです。

 

 

 

免疫力が低下すると自律神経のバランスも崩れて、
より一層アレルギーが出やすくなるため、冷え症は
確かに温熱蕁麻疹の原因と言えるかもしれません。

 

 

 

冷え症による温度差の大きさも温熱蕁麻疹の原因?

 

 

冷え症になるとより一層体を温めようと、
暖房をつけたりしがちですが、

 

 

 

実はこの冷え症によって、
冷えを感じやすくなった体と暖房の温度の差が、
より一層温熱蕁麻疹を悪化させているのではないかと考えるようになりました。

 

 

 

例えば、冬の雪が降る日に外に出て、
再び暖房が効いたところや家に帰ったりすると、
一気に温熱蕁麻疹が悪化したことはありませんか?

 

 

 

温熱に過敏になっている体が、
一度でも冷たい外気に当たり続け、

 

 

 

体温が下がるとともに再び暖かい場所へ移動すると、
一気に温度が上がって痒くなったりします。

 

 

 

 

 

 

 

冷え症になると体が体感する寒さは通常よりも
はるかにひどいですから、一層症状がひどくなってしまうというわけです。

 

 

 

僕も寒い時期に外に出て、暖房が効いたデパートなどに入ると
決まって必ず腕や首あたりに蕁麻疹が出ていました。(´;ω;`)

 

 

 

冷え症でなくてこの感じですから、
普段から冷え症な方の場合は余計にひどいと思います。

 

 

 

冷え症によって普段から感じる寒い外の気温と中の気温との差に
より敏感に感じて、体がアレルギー反応を引き起こしやすくなっていると
考えるのが自然だと僕は思いました。

 

 

 

 

温熱蕁麻疹を治すならまずは冷え症を改善!

 

 

ここまで読んで頂ければわかると思いますが、
冷え症な方の場合はまずは冷え性を治すようにしましょう。

 

 

 

温熱蕁麻疹の治療に直接取り組んでも、
冷え症を治す方法と温熱蕁麻疹を治す方法は全く違います。

 

 

 

 

 

 

 

温熱蕁麻疹の治療を行っても冷え症は改善しませんので、
冷え症が原因で温熱蕁麻疹に悩んでいる方は、
まずは冷え性を治すことから始めましょう。

 

 

 

当サイトでは、直接的な温熱じんましんの治療以外にも
冷え症の改善方法なども解説していますので、
ぜひ参考にしてください。

 

 

 

ありがとうございました!

 

 

 

温熱蕁麻疹を改善したいなら?!

僕自身、色々な方法を試しましたが、やはり熱に徐々に体を慣らしていく 減感作療法が一番効果を発揮しました。



その方法を実践する場所はお風呂場になるのですが、 あまりに熱いお湯にいきなり浸かると、蕁麻疹の痛かゆい症状で ストレスになりますし、なによりショック症状が出る恐れがあります。



もしお風呂場でショック症状が起こりでもしたら、 浴槽でおぼれるかもしれませんし、そのまま倒れて 頭を強く打って致命傷になるかもしれません。



そんなことを避けるためにも、はじめは蕁麻疹が出るか出ないかくらいの きわどい温度で慣らしていく必要があります。



でも、それでも温熱蕁麻疹患者にとってはつらい治療になることは必須!



なんせ蕁麻疹になるような状況をあえて作ってそこに飛び込むわけですから、 もうあの蕁麻疹のかゆさやチクチク感に堪えるあのさまはまさに苦行!



温熱蕁麻疹になるような人はただでさえ肌が敏感に反応してしまいますから、 お風呂の温度を下げて入るとしても、肌を守る対策を採らなくてはいけません。



そこでおススメなのが、『みんなの肌潤風呂』です!







この入浴剤は、お風呂に入れるだけで肌を刺激する塩素を除去し、 保湿効果をもたらしてお風呂の温熱刺激から守ってくれます。



しかも、お風呂から上がった後の乾燥しがちな肌もバリアし、 敏感になりがちな風呂上りの肌を温熱刺激から守ってくれるのです。



アトピー肌や赤ちゃんでも使えるので、肌が弱くて温熱蕁麻疹が怖くて お風呂に入れないという方におススメの商品です。



実際に僕も購入して試してみたので、 詳しく見てみたい方は、以下の実践レビューをどうそ!








ホーム RSS購読 サイトマップ