蕁麻疹治療における漢方薬の働き

蕁麻疹治療における漢方薬の働き

漢方薬と蕁麻疹

蕁麻疹は基本的に、即時型アレルギー機序と非アレルギー機序の
2パターンに分類され、価格伝達物質が放出されることで
真皮層に発疹などを引き起こすものです。

 

 

 

多くは発症から数時間以内、長くて1日以内で消退することが
ほとんどです。

 

 

 

そんな蕁麻疹の治療には、抗ヒスタミン剤というかゆみの原因である
ヒスタミンを抑制する薬を用いるのが一般的ですが、

 

 

 

治る傾向がない場合は、
時には体質改善も含めて漢方薬を使うこともあります。

 

 

 

 

 

 

 

漢方薬は患者個人の体質に完璧にあったものでなければ
効果を発揮しにくいのが弱点ですが、担当医に従って
服用すれば改善することが多いです。

 

 

 

温熱蕁麻疹などといった長期にわたって発症する
蕁麻疹に対しては、抗ヒスタミン剤よりも漢方の方が
いいかもしれません。

 

 

 

 

蕁麻疹治療における漢方の働き

 

 

温熱蕁麻疹にかかわらず、蕁麻疹全般に関しては
漢方を用いることが多く、よく効きます。

 

 

 

抗ヒスタミン剤のように、かゆみの原因であるヒスタミンを
抑制すると聞けば非常にわかりやすいのですが、
漢方薬は蕁麻疹に対してどう働きかけているのでしょうか?

 

 

 

そもそも東洋医学の観点で言えば、患者の症状を
「気血水、陰陽、虚実、寒熱、表裏、五臓、六病位」
分けていますが、

 

 

 

東洋医学において、蕁麻疹治療を行う上で重要なのは、
以下の4点が重要になります。

 

 

 

 

 

 

 

  • 気(生命活動に欠かせない根源的なエネルギー)
  • 血(血液そのもの)
  • 水(生体を物質的に支える無色の液体)
  • 寒熱(寒いや熱いなどといったことを指す。)

 

 

 

特に、温熱蕁麻疹の治療においては、『寒熱』の概念のもとに
治療を行うのが漢方治療上有効だと考えられます。

 

 

 

上記の4つのうちのどれかに当てはまった場合、
あなたの体はその当てはまった部分が欠けている、
もしくは過剰であるということです。

 

 

 

『寒熱』に当てはまる場合、熱や寒さに異常に反応しやすい
状態にあり、それを中和させる必要があるというわけです。

 

 

 

これが温熱蕁麻疹を漢方で治療するうえでの基本になります。

 

 

 

 

 

温熱蕁麻疹を漢方で治すなら?

 

 

もし、あなたが温熱蕁麻疹患者で治すために
漢方を使用するのであれば、

 

 

 

温熱蕁麻疹の場合は体質的に熱性の可能性が高いです。
熱性とは、熱感や充血、口渇、冷たいものを好む状態のこと。

 

 

 

この熱性に当てはまる場合、熱を冷ますための漢方を
用いることが効果的とされます。

 

 

 

温熱蕁麻疹を治す代表的な漢方薬はこちら!

 

 

 

  • 清熱薬
  • 黄連
  • 山梔子
  • 石膏(せっこう)
  • 桔梗(ききょう)

 

 

 

アレルギー反応を引き起こす物質に対して
逆に働きかけ、中和させるイメージで漢方を使うのが
コツですね。

 

 

 

抗ヒスタミン剤は確かに効果的ですが、
温熱蕁麻疹のような慢性化しやすい蕁麻疹に対しては
効果が薄いケースもあります。

 

 

 

その場合は、体質レベルから改善してくれる漢方薬を用いたほうが
根本的な解決につながる可能性が高いです。

 

 

 

抗ヒスタミン剤を使ってみたけど効果がないと思っている方は、
一度漢方薬で試しに温熱蕁麻疹の治療を行ってみてもいいのではないでしょうか?

温熱蕁麻疹を改善したいなら?!

僕自身、色々な方法を試しましたが、やはり熱に徐々に体を慣らしていく 減感作療法が一番効果を発揮しました。



その方法を実践する場所はお風呂場になるのですが、 あまりに熱いお湯にいきなり浸かると、蕁麻疹の痛かゆい症状で ストレスになりますし、なによりショック症状が出る恐れがあります。



もしお風呂場でショック症状が起こりでもしたら、 浴槽でおぼれるかもしれませんし、そのまま倒れて 頭を強く打って致命傷になるかもしれません。



そんなことを避けるためにも、はじめは蕁麻疹が出るか出ないかくらいの きわどい温度で慣らしていく必要があります。



でも、それでも温熱蕁麻疹患者にとってはつらい治療になることは必須!



なんせ蕁麻疹になるような状況をあえて作ってそこに飛び込むわけですから、 もうあの蕁麻疹のかゆさやチクチク感に堪えるあのさまはまさに苦行!



温熱蕁麻疹になるような人はただでさえ肌が敏感に反応してしまいますから、 お風呂の温度を下げて入るとしても、肌を守る対策を採らなくてはいけません。



そこでおススメなのが、『みんなの肌潤風呂』です!







この入浴剤は、お風呂に入れるだけで肌を刺激する塩素を除去し、 保湿効果をもたらしてお風呂の温熱刺激から守ってくれます。



しかも、お風呂から上がった後の乾燥しがちな肌もバリアし、 敏感になりがちな風呂上りの肌を温熱刺激から守ってくれるのです。



アトピー肌や赤ちゃんでも使えるので、肌が弱くて温熱蕁麻疹が怖くて お風呂に入れないという方におススメの商品です。



実際に僕も購入して試してみたので、 詳しく見てみたい方は、以下の実践レビューをどうそ!








ホーム RSS購読 サイトマップ