汗をかいて温熱蕁麻疹改善?!

汗をかくと温熱蕁麻疹は改善するのか?

汗をかくと温熱じんましんは改善するのか?

コリン性蕁麻疹と温熱蕁麻疹はごっちゃにされやすいですが、
実際には全然違う病気です。

 

 

 

コリン性蕁麻疹には心因性と汗をかくときに発症するケースが存在しますが、
温熱じんましんは本当に温熱のみに反応する皮膚病です。

 

 

 

そして、コリン性蕁麻疹は汗をかくと改善されるという話を
聞いたりしますが、これは実際の事実で、コリン性蕁麻疹に
かかっていた僕が実際に実感したもの。

 

 

 

汗をかくよう習慣づけていると、コリン性蕁麻疹が出そうになるけど
体がそれを抑えて出ないように頑張ってくれているのが肌で
感じられるようになり、いずれはその感覚もなくなって快適な日常を
過ごせるようになります。

 

 

 

このコリン性蕁麻疹と同じものだと勘違いした人は、
温熱じんましんも汗をかくことで改善できるんじゃないかと
思い始めたりします。

 

 

 

で、実際にコリン性蕁麻疹と温熱じんましんの両方を
経験している僕の意見ですが、ぶっちゃけわかりません。

 

 

 

コリン性蕁麻疹って心因性の性質と、汗をかきそうになると
発症するという性質も持ち合わせているので、温熱じんましんと
見分けが付けにくいんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

汗をかくときって暑い時ですから、ヒーターやストーブにあたっていたり、
お風呂に入っていて汗をかくときなんかもコリン性蕁麻疹を引き起こす
原因となるものは多々あるので、実際のところどうなのかはわかりません。

 

 

 

言ってしまえば、温熱蕁麻疹が発症するシチュエーションと、
コリン性蕁麻疹が発症するシチュエーションがかぶりすぎていて
わかりにくいってことです。

 

 

 

ただ、言えるのは、汗をかいたら蕁麻疹が出る頻度や量が
明らかに減っていることです。

 

 

 

冬場の暖房がガンガン効いたところに行っても温熱じんましんが
出ることはなくなりましたし、ましてや汗をかきそうになった時も
コリン性蕁麻疹が出ることはほぼなくなりました。

 

 

 

僕は、汗をわざとかかせて慣れさせる、減感作療法という荒療治に出たので、
はじめは辛かったですが、徐々に症状が改善していくのが肌を通して実感しました。

 

 

 

温熱じんましんと汗をかくことの関係性ははっきりしませんが、
全く関係がないというわけでもなさそうです。
ただ根拠がはっきりしない・・・。

 

 

 

温熱蕁麻疹の特性から考えてみる・・・

 

 

温熱蕁麻疹と汗をかくことの関係性ははっきりしませんが、
全く関係がないとは言い難いでしょう。

 

 

 

実際に僕が経験して、改善したのは事実ですから、
何かしら根拠というか、根幹にあるものがあるはずです。

 

 

 

 

 

 

 

そこで、一度温熱蕁麻疹の特性について考えてみました。

 

 

 

  1. 寒がりで厚着したがる方。
  2. ストレスに弱い方。
  3. 肌が敏感な方。
  4. 乾燥肌な方。
  5. 血行が悪い方
  6. 暖房のつけすぎな方。

 

 

 

上記のケースが、温熱蕁麻疹になりやすい人の傾向なわけですが、
個人的に気になったのは5番目の『血行が悪い方』でした。

 

 

 

温熱蕁麻疹の原因である血行不良の2つの原因。

 

 

 

そもそも血行が悪くなる原因って、以下のような
要因が重なって起こるものです。

 

 

 

  • ストレス
  • 冷え

 

 

 

もうこの2つが圧倒的に多いんですが、
まず冷えると血管が詰まりやすくなって、めぐりが悪くなります。

 

 

 

そしてストレスは血管を収縮させてしまう働きがあるので、
これも血行不良につながります。

 

 

 

で、これらって汗をかくことで改善できるケースが非常に多いんです。

 

 

 

僕の場合、汗をかくためにサウナスーツを着てランニングしていましたが、
血行が良くなって体が温まり、頭の中がスキッとしたのを覚えています。

 

 

 

 

 

 

 

また、体を動かすことでストレスの発散にもなりますから、
それらの要因が重なって功を奏し、温熱蕁麻疹とコリン性蕁麻疹の
改善につながったのではないかと考えるのが妥当だと思います。

 

 

 

これ以外思い当たるフシがないのであれですが、
少なからず関係なくはないと思いますし、どちらにせよ汗をかくことは
いいことなので、積極的に取り入れていくべきです。

 

 

 

汗をかくことで体に溜まった毒素を排出できますから、
免疫力や代謝も良くなって、蕁麻疹が出る体を体質レベルから
改善できるかもしれません。

 

 

 

少なくとも僕はこれを信じて実行してきましたから、
体質を改善させたり、皮膚に優しい気遣いを怠らないなどの
努力を惜しまないことが、何より重要だと思いますよ。(^^)v

 

 

 

温熱蕁麻疹の辛さは本当に僕もよくわかりますから、
一緒に完治できるよう頑張っていきましょう!

 

 

 

温熱蕁麻疹を改善したいなら?!

僕自身、色々な方法を試しましたが、やはり熱に徐々に体を慣らしていく 減感作療法が一番効果を発揮しました。



その方法を実践する場所はお風呂場になるのですが、 あまりに熱いお湯にいきなり浸かると、蕁麻疹の痛かゆい症状で ストレスになりますし、なによりショック症状が出る恐れがあります。



もしお風呂場でショック症状が起こりでもしたら、 浴槽でおぼれるかもしれませんし、そのまま倒れて 頭を強く打って致命傷になるかもしれません。



そんなことを避けるためにも、はじめは蕁麻疹が出るか出ないかくらいの きわどい温度で慣らしていく必要があります。



でも、それでも温熱蕁麻疹患者にとってはつらい治療になることは必須!



なんせ蕁麻疹になるような状況をあえて作ってそこに飛び込むわけですから、 もうあの蕁麻疹のかゆさやチクチク感に堪えるあのさまはまさに苦行!



温熱蕁麻疹になるような人はただでさえ肌が敏感に反応してしまいますから、 お風呂の温度を下げて入るとしても、肌を守る対策を採らなくてはいけません。



そこでおススメなのが、『みんなの肌潤風呂』です!







この入浴剤は、お風呂に入れるだけで肌を刺激する塩素を除去し、 保湿効果をもたらしてお風呂の温熱刺激から守ってくれます。



しかも、お風呂から上がった後の乾燥しがちな肌もバリアし、 敏感になりがちな風呂上りの肌を温熱刺激から守ってくれるのです。



アトピー肌や赤ちゃんでも使えるので、肌が弱くて温熱蕁麻疹が怖くて お風呂に入れないという方におススメの商品です。



実際に僕も購入して試してみたので、 詳しく見てみたい方は、以下の実践レビューをどうそ!








ホーム RSS購読 サイトマップ