温熱蕁麻疹 対策

温熱蕁麻疹のメカニズムとは?

温熱蕁麻疹のメカニズムとは?

温熱蕁麻疹とは、その名のとおり熱によって出るじんましん
のことです。日本国内でも発症する人は一定数存在します。

 

 

 

あなたはお風呂に入ったあと、なぜか体がむずむず痒くなって、
赤くなったことはありませんか?

 

 

 

もしかしたら、それは温熱蕁麻疹かもしれませんよ?
僕自身も温熱じんましんの経験者ですが、お風呂から上がると
気がつけば首のあたりが赤くなり、湿疹みたいなものが出ていました。

 

 

 

 

 

 

 

幸いにも局所的なものなため、全身にでない分まだマシな部類ですが、
やっぱりせっかく疲れをとってくれる入浴時間もこれじゃあ億劫です・・・。

 

 

 

お風呂も含めて、以下が温熱蕁麻疹の原因と考えられています。

 

 

 

  • ストーブやこたつなどの暖房器具
  • 冬服の厚着
  • お風呂
  • 高温の何らかの物質
  • 急激な温度変化

 

 

 

これらが体に触れることで、皮膚の細胞が刺激を受け、
ヒスタミンという化学物質が放出されると、かゆみとじんましんが
引き起こされるというわけです。

 

 

 

 

温熱じんましんの症状

 

 

 

 

 

 

温熱蕁麻疹にかかると、体の部位や人によりますが、
熱が体に当たった時に小豆大の蕁麻疹がぶわっと出るのが特徴。
基本的に自分の体温より温かいものにあたると起こります。

 

 

 

僕自身、平熱は大体36度くらいなのですが、
それを前後するような温度は基本的にじんましんは出ません。
38度以上になってくると、局所的に蕁麻疹が出ます。

 

温熱蕁麻疹になりやすいシチュエーション

 

 

個人的に温熱蕁麻疹になりやすいシチュエーションは、
以下のパターンに分かれます。

 

 

 

  • 入浴時
  • 寒いところから急に暖かいところに入ったとき。
  • 熱い飲み物を飲んだとき。
  • 冬服を厚着して歩いているとき。
  • 熱いものを食べたとき。

 

 

 

特に冷房や冷たい飲食ばかりでは、体の免疫力がどんどん下がり、
やがて温熱に刺激を受けるようになって過敏反応で蕁麻疹を
引き起こしてしまうことにもなりかねません。

 

 

 

また、運動をしていると急に温熱蕁麻疹が発症するという話も
聞いたことがありますが、個人的にはそれを温熱蕁麻疹と
断定するのは早計な気がします。

 

 

 

運動すると確かに体が温まりますが、それと同時に汗をかいて
皮膚にそれらが付着したりしますよね?

 

 

 

 

 

 

 

それらが炎症を起こす汗アレルギーだったり、汗を普段からかいていないために
起こるコリン性蕁麻疹などといった別の病気でないとも限りません。

 

 

 

見極めが非常に難しいですが、直接汗をかいてそれが体に密着するような
関係のシチュエーションの場合は、温熱じんましんと断定するのは難しいと思います。

 

 

 

コリン性蕁麻疹がどういったものなのか知らない方は、
一度検索エンジンで調べてみてください。(^^)v

 

 

 

温熱蕁麻疹は、中々治りにくい病気ではありますが、
汗アレルギーやコリン性蕁麻疹よりかは、対策しやすい部類の蕁麻疹になります。

 

 

 

とりあえず体温以上の熱をなるべく避けることで回避はできますから、
当サイトを参考に実践してみてください。

 

 

温熱蕁麻疹を改善したいなら?!

僕自身、色々な方法を試しましたが、やはり熱に徐々に体を慣らしていく 減感作療法が一番効果を発揮しました。



その方法を実践する場所はお風呂場になるのですが、 あまりに熱いお湯にいきなり浸かると、蕁麻疹の痛かゆい症状で ストレスになりますし、なによりショック症状が出る恐れがあります。



もしお風呂場でショック症状が起こりでもしたら、 浴槽でおぼれるかもしれませんし、そのまま倒れて 頭を強く打って致命傷になるかもしれません。



そんなことを避けるためにも、はじめは蕁麻疹が出るか出ないかくらいの きわどい温度で慣らしていく必要があります。



でも、それでも温熱蕁麻疹患者にとってはつらい治療になることは必須!



なんせ蕁麻疹になるような状況をあえて作ってそこに飛び込むわけですから、 もうあの蕁麻疹のかゆさやチクチク感に堪えるあのさまはまさに苦行!



温熱蕁麻疹になるような人はただでさえ肌が敏感に反応してしまいますから、 お風呂の温度を下げて入るとしても、肌を守る対策を採らなくてはいけません。



そこでおススメなのが、『みんなの肌潤風呂』です!







この入浴剤は、お風呂に入れるだけで肌を刺激する塩素を除去し、 保湿効果をもたらしてお風呂の温熱刺激から守ってくれます。



しかも、お風呂から上がった後の乾燥しがちな肌もバリアし、 敏感になりがちな風呂上りの肌を温熱刺激から守ってくれるのです。



アトピー肌や赤ちゃんでも使えるので、肌が弱くて温熱蕁麻疹が怖くて お風呂に入れないという方におススメの商品です。



実際に僕も購入して試してみたので、 詳しく見てみたい方は、以下の実践レビューをどうそ!








ホーム RSS購読 サイトマップ