温熱蕁麻疹 対策

温熱蕁麻疹を治すための対策サイト!

温熱蕁麻疹対策用オススメアイテム!

温熱刺激や入浴のかゆみ・乾燥を防ぐ!『みんなの肌潤風呂』

温熱蕁麻疹で一番辛いのは入浴の時に発症してしまうところです。放っておくと、お風呂に入るたびに疲れとストレスが溜まる一方です。しかもお風呂から上がったあとも乾燥しやすく、外からの温熱刺激に敏感になりやすいため、より温熱蕁麻疹を悪化させてしまいます。そうならないためには、保湿対策をしないといけません。それも、入浴と同時に保湿できて、皮膚を刺激から守る必要があります。そこでオススメなのが『みんなの肌潤風呂』。入浴時のかゆみや乾燥肌、アトピーのために開発された専用の入浴剤です。実際に使ってみましたが、入浴した時のかゆみが改善して、気持ちよくお風呂に入ることができるようになりました。

 

 

 

価格 容量 評価
2533円(基本コース) 600g  

 

 

 

温熱蕁麻疹とは?

 

 

 

どうも!当サイト管理人です!

 

 

 

僕はコリン性蕁麻疹と温熱蕁麻疹を持つ重症患者で、
同じく温熱蕁麻疹の方に役立ててもらえればなと、当サイトを立ち上げました。

 

 

 

温熱蕁麻疹とは、その名のとおり熱に触れることで引き起こされる蕁麻疹のことで、
特にストーブやこたつを使用する冬の時期に悪化します。

 

 

 

 

 

 

 

人によってはお風呂の熱さで引き起こされるケースもあります。
僕自身そうなんですが、お風呂から上がったあとに首元や胸の上辺りに
赤い湿疹みたいなものが出るんですよね。

 

 

 

シャワーの時は大したことはないんですが、
湯船に浸かって上がったあとに発症しやすいです。

 

 

 

個人的にお風呂はすごく好きで、
1日に2回3回入っても全然平気なタイプなんですが、
温熱じんましんのせいで若干お風呂に入るのを拒むようになりました・・・。

 

 

 

もちろん、夜は最低でも入りますけどね。
体臭が臭ったら女の子に嫌がられるし。(笑)

 

 

 

結構入浴後に皮膚が赤くなって痒くなる方は多いようで、
知恵袋などの掲示板でも多くの投稿が寄せられていました。

 

 

 

温熱蕁麻疹は、ある限定的な環境でのみ発症するじんましんではなく、
熱を感じたら出るじんましんなので、普通に生活に支障が出るレベルです。

 

 

 

コリン性蕁麻疹ほどではありませんが、
非常に辛い皮膚病です。

 

 

 

温熱蕁麻疹の5つの原因

 

 

 

温熱蕁麻疹になるのは、とにかく熱さを感じる時です。
特に人工的なものから発せられる熱は非常に危険。
少なくとも以下のようなものは注意が必要です。

 

 

 

  • 冬服の厚着
  • 暖房
  • こたつ
  • ストーブ
  • お風呂

 

 

 

この5つは特に温熱蕁麻疹患者は要注意!
個人的にきついのは、お風呂と、冬服の厚着と暖房のダブルパンチです。

 

 

 

 

 

 

 

百貨店に出かけたりするときに、室内に暖房がかかっているような冬の時期だと、
当然こちらも冬服で厚着していますから、どんどん熱がこもってじんましんが出てしまいます。

 

 

 

歩いてるとこれがまた辛いんですよね。
ウインドウショッピングをしようものなら、熱くなって体が痒くなったりでかないません。
これじゃ楽しめるものも楽しめないですよね・・・。

 

 

 

温熱蕁麻疹の症状とは?

 

 

 

温熱蕁麻疹の症状としては、
以下のようなものが特徴です。

 

 

 

  1. 小豆大ほどの膨疹
  2. 強いかゆみ
  3. 痙攣
  4. 脱力感
  5. 失神
  6. 疲労感
  7. 頭痛
  8. 呼吸困難
  9. 吐き気
  10. 嘔吐
  11. 下痢
  12. 潮紅
  13. 発熱

 

 

 

以上のような症状が起こり、
痙攣から下の症状は、希に起こります。

 

 

 

温熱負荷がかかる皮膚の面積が広いと
全身症状を伴う頻度が高くなる傾向にあるとされ、

 

 

 

発症機序は明らかになっていませんが、
温熱刺激が肥満細胞の脱顆粒に関与しているとされています。

 

 

 

温熱蕁麻疹の対策!

 

 

 

温熱蕁麻疹を対策するためのポイントは、何より熱さを防ぐことです。

 

 

 

コリン性蕁麻疹のように、身体的プラス、精神的な
問題で引き起こされるような複雑なじんましんではないので、
とにかく原因となる熱さを避けなければいけません。

 

 

 

まあ人によってはストレスが原因の場合もあるんでしょうけど。
対策ですが、例えば冬場はこたつやストーブ、暖房は強めに設定しない、
厚着しすぎないなどの工夫が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お風呂の温度も、少し下げて37度とか36度に設定してみるといいでしょう。

 

 

 

さすがに冷水風呂は風邪ひくんでダメですけどね。
個人的に一番気を使うのはお風呂かな〜。

 

 

 

厚着とか暖房とかって我慢できるレベルなんですが、
お風呂はさすがに入らないといけませんからね。

 

 

 

避けようにも避けれない項目なわけです。
何日もお風呂に入っていないとか、普通ありえないし匂いますからね。

 

 

 

普段の対人コミュニケーションにも影響してしまいますから、
必ずお風呂だけは頑張って入れるようになりましょう!

 

 

 

辛い気持ちはわかりますが、
体の汚れは落とさないといけませんからね。

 

 

 

でも、僕も温熱蕁麻疹経験者なんでわかるんですが、
自分からわざわざ蕁麻疹が出る場に身を置くのは
正直言ってめっちゃ気が引けると思います。

 

 

 

いったいどうすれば少しでもお風呂を楽しみながら
入ることができるのでしょうか?

 

 

 

 

温熱蕁麻疹で入りたくない風呂を楽しむには?

 

 

温熱蕁麻疹を持つと本当に、お風呂に入るのが億劫になります。
「また辛い時間が・・・」これが頭をよぎってササッとシャワーだけ浴びて
終わりにしちゃうんですよね。

 

 

 

でも、これでは汚れは落とせても疲れは取れていません。

 

 

 

やっぱり満タンに入った湯船に浸かるのが、
一番日々の疲れを癒すのに効果的なのです。

 

 

 

そこで、温熱蕁麻疹の方でも、お風呂を楽しめて、
なおかつケアできる商品がついに見つかりました!

 

 

 

それが『みんなの肌潤風呂』です!

 

 

 

 

 

 

 

どうやら皮膚炎やかゆみ、アトピーなどに効くそうですが、
お風呂に入ると皮膚が痒くなるような人もターゲットにしているそうです。

 

 

 

中々ここまでピンポイントな入浴剤はありません。
ネットでは話題の商品だったので、実際に自分で購入して試してみました!

 

 

 

温熱蕁麻疹改善?!みんなの肌潤風呂の実践レビュー!

 

 

 

温熱蕁麻疹を改善したいなら?!

僕自身、色々な方法を試しましたが、やはり熱に徐々に体を慣らしていく 減感作療法が一番効果を発揮しました。



その方法を実践する場所はお風呂場になるのですが、 あまりに熱いお湯にいきなり浸かると、蕁麻疹の痛かゆい症状で ストレスになりますし、なによりショック症状が出る恐れがあります。



もしお風呂場でショック症状が起こりでもしたら、 浴槽でおぼれるかもしれませんし、そのまま倒れて 頭を強く打って致命傷になるかもしれません。



そんなことを避けるためにも、はじめは蕁麻疹が出るか出ないかくらいの きわどい温度で慣らしていく必要があります。



でも、それでも温熱蕁麻疹患者にとってはつらい治療になることは必須!



なんせ蕁麻疹になるような状況をあえて作ってそこに飛び込むわけですから、 もうあの蕁麻疹のかゆさやチクチク感に堪えるあのさまはまさに苦行!



温熱蕁麻疹になるような人はただでさえ肌が敏感に反応してしまいますから、 お風呂の温度を下げて入るとしても、肌を守る対策を採らなくてはいけません。



そこでおススメなのが、『みんなの肌潤風呂』です!







この入浴剤は、お風呂に入れるだけで肌を刺激する塩素を除去し、 保湿効果をもたらしてお風呂の温熱刺激から守ってくれます。



しかも、お風呂から上がった後の乾燥しがちな肌もバリアし、 敏感になりがちな風呂上りの肌を温熱刺激から守ってくれるのです。



アトピー肌や赤ちゃんでも使えるので、肌が弱くて温熱蕁麻疹が怖くて お風呂に入れないという方におススメの商品です。



実際に僕も購入して試してみたので、 詳しく見てみたい方は、以下の実践レビューをどうそ!








ホーム RSS購読 サイトマップ